Home Uncategorized 4.S.U.M.:グローバル・オブジェクティブ社のマルチレジデンス・コンセプト

4.S.U.M.:グローバル・オブジェクティブ社のマルチレジデンス・コンセプト

by admin

 

強いラインとシンプルな枠組みをもったこの家は、グローバル・オブジェクティブ・テクニカル・オフィスによって建設され、とても温かな雰囲気をかもし出しています。建築家、デザイナーそして民間エンジニアを起用するこの企業は、社会統合を促進する造りの生物気候的建築で知られています。四角いリビングは、大きな窓によって通気が良く造られています。その上、この家は社会的相互作用を促進し、建築された土地を誤用するということはありません。

4.S.U.M.

同会社の建築家チームによって進められた他プロジェクトのように、この特殊な家も、再生可能エネルギーを生かし資源の保存を試みるエコ・デザインを誇っています。しかし、このマルチ複合レジデンスは、その利便性をエコ・デザインのみに限っているわけではありません。居住者にとって、もっと多くの利点があるのです。

この企業は、町全体でエコな複合レジデンスを建てることでだけ手に入る環境にやさしい未来を目指しているのです。住民の未来を保証することのできるエネルギー効率のため、パッシブ建築(太陽熱利用を主体とする建築)にプライオリティーを据えています。二酸化炭素排出を減らす耐性の強い住居もまた、安全な未来にとって重要です。加えて、住居は居住者の生活の質を向上させるようにデザインされるべきだとしています。

どの住居にも専門性は重要ですが、住居という場は、人々が家族と共に日々暮らし、休息をえる場所であるということを忘れてはなりません。よって家の造りは、人々がそれぞれ個人のことをできる造りにされるべきでしょう。熟考された建築デザインは、以上のこともふまえています。多くの人が住む家は、人々が動き回りやすいようにつくられています。また、居住者がくつろぐためのオープンテラス、中庭、ポーチも数多く付いています。

 

Via: GlobalObjective

Today's Top Articles:

You may also like