Home Accessories @ja エネルギー消費の減少を助ける、ソーラーパワー電池充電器たち

エネルギー消費の減少を助ける、ソーラーパワー電池充電器たち

by admin

世界中で使用される電子機器の数は、この10年間で急激に増加しています。個人の電子機器の使用の増加によって、電気の需要は予測不能な速さで高まっています。しかし、電気需要の増加と同じ速度で、送電網と呼ばれる電気を作り配分するインフラを更新することはできないため、電気を発電する代替方法が開発されています。作られた電気のうち約3分の1は、送電の際に消費されています。ソーラーパワーのような環境にやさしい発電が公共でさらに進められれば、この付加的な化石燃料への依存も減少するかもしれません。

ソーラーポンプ・発電スタンド

この「ソーラーポンプ」は、ソル・デザイン・ラブによって公共スペースに向けてデザインされた画期的なアイデアです。車のガソリンがなくなった時にガソリンスタンドで補充するのと同じように、ソーラーポンプは、ビーチといった公共の場に出かけている時に、携帯電話、iPad、ノートパソコンやその他の携帯電子機器をすぐに充電できる場所になっているのです。上に太陽光発電電池が設置されていて、ポンプはいくつかの機器を充電することができます。

MIT ソフト・ロッカーズ

マサチューセッツ工科大学の建築教授シェイラ・ケネディは、日常の物に埋め込まれているソーラーパネルの使用について調査をしています。その中で、MITソフト・ロッカーズ(揺れいす)は彼女の研究の最高潮です。公共スペースで座るというアイデアにある基本は、ソーラーパネルの設置をできるかぎり美しく演出します。35ワットのソーラー追跡システムは1.5アクシスと連動していて、太陽が出ている時は12アンペアの電池が電気を充電することができます。ロッキングチェアーの差込口にUSBの充電器を差し込むだけで、いつでも電子機器を充電することができるのです。

ソーラー・ドック

エコを目指す人々にとって、太陽光発電パネルを上に搭載したハイテクな日よけであるソーラードックは、実践できる方法の一つです。110VAC GFCI のさしこみ口のついたドックでは、Aポート型USBを通して、ほぼ全ての携帯用電子機器を充電することができます。また、充電コントローラーやデジタル表示装置を通して、使用者は電力レベルが分かります。低電力で高輝度の700ルーメンのLED電気システムも設置されていて、夜間はこれによって明るさが保たれます。

ヒマワリ型の充電器

工業デザイナーのブライアン・ボルハがデザインした「フラワー・パワー・バッテリー充電器」は、搭載された太陽光発電パネルが日中に最大量の太陽光を浴びるように、ヒマワリの形をしています。太陽光発電パネルはつぼみの部分に搭載されており、必要に応じて収納することができます。日没時にフラワー・パワー・バッテリー充電器の花びらは自動的に閉じて、日の出まで太陽光パネルを保護しています。

ストリート充電器

ゴットウィンド社のこの素晴らしいストリート充電器は、第三世界の僻地で携帯電話やその他の電子機器を充電する際にソーラーパワーを提供する、新しい取り組みです。手押し車の形をしているこの充電器は、同時に最大20台の携帯電話を充電することができます。一回の充電で最大20時間分の電力になります。ストリート充電器を完全に充電するには44時間以上分の日光が必要なため、電力をサポートするための110アンペア時の内蔵電池が2つ搭載されています。60ワットのソーラーパネルを使用して、この充電器は12ボルトで稼動しています。さらなる効率改善が目指されています。

デヴィッド・エドワーズによるパワー・フラワー

この14フィート(約4m20cm)のアルミニウムでできたヒマワリの彫刻は、実は芸術家デヴィッド・エドワーズによって創られた携帯用ソーラーパワー発電機なのです。葉に搭載されたソーラーパネルが作る電力と風力タービンの花びらを使用して、「パワー・フラワー」は電池に電気を蓄積します。この電池で携帯電話やその他の機器を充電することができます。また、夜間にこの彫刻をライトアップするLED照明にも電気を供給しています。

ソーラー携帯電話充電キオスク

アクリル板、メタルクランプ、鉄パイプ、板金でつくられた「ソーラー携帯電話充電キオスク」は、工業デザイナーのビーノ・ホセによって考案されたキオスクで、公共の場で太陽エネルギーを用いて携帯電話を充電することができます。キオスクには充電中の携帯電話を置く引き出しがいくつか付いているので、多くの人々が同時に充電することができるのです。

ワガン・テックによるソーラーパネル5枚搭載発電機の試作

ワガン・テックの携帯用ソーラーパワー発電機は、キャンプやオフロードなどアウトドア用につくられた、ユニークで使いやすい機器です。完成版は、12ボルトの電池をまかなう5枚のソーラーパネルを搭載しています。充電が完了すると、電池は8時間にわたって1500ワットの電力を供給することができます。

パワーブレラ

コナルカ・テクノロジーズのパワー・プラスチックの薄いフィルムを使用してSKYシェイズによってつくられた「パワーブレラ」は、ソーラーパワーを利用して、どこでも携帯用電子機器を充電することができます。この充電器は、固定または収納自在な設備として、ノートパソコンやタブレット、そして携帯電話までも充電できる電池に接続することができます。

盆栽型ソーラーパワー充電器

ヴィヴィアン・ミュラーのデザインした「ソーラーツリー」は、小さいながら強力な54枚の太陽パネルを搭載していて、電池内に太陽エネルギーを集め蓄積することができます。家庭内におけるソーラーエネルギー使用を促進するためにデザインされました。ソーラーツリーは比較的小さくて動かしやすく、必要に応じて日光を浴びるように置くことができるので、使用者はパネルを家に永久に設置するための工事費を払うといった必要もありません。携帯可能なこの発電機は、使用者が旅行で家を離れる際も、一緒に持ち運びできるのです。

Today's Top Articles:

You may also like