Home Uncategorized 世界最大の燃料電池テスト

世界最大の燃料電池テスト

by admin

時がたつにつれて新しい技術開発が進んでいきます。新製品は効率面において古きものをしのぐものです。このような形で、国際化学グループソルベイは世界最大のPEM燃料電池を作り出したのです。1メガワット水素燃料電池はベルギーはアントワープの工場で作り出され、産業用として毎時500メガワットを発電し、800時間、2ヶ月にわたってコンスタントに発電を続けています。こうして作り出されたエネルギーは一度に1370件の家の電力をまかなうのに十分です。

PEM燃料電池は水素のもつ化学エネルギーを酸素の電気化学反応を利用して変換させるものです。電力の他にも熱を発生するため、工場内に上手に還元利用されています。塩素業界においては副産物である水素によるこの燃料電池システムはソルビン工場の全体の20%~40%の消費電力をまかないます。現在の電力効率は50%ですがこの技術によって80%まで上昇することになります。

この電池はヨーロッパでの技術コラボの効果を示しています。つまりMEA装置はドイツにあるソルベイポリマーを使って製作され、燃料電池はMTSAとネッドスタックによって作られました。副産物は水と熱だけですから、燃料電池はクリーン技術の切り札的存在です。これまでのところ自動車における利用に力が注がれていますが、サイズが大きいことで家庭や事務ビルにも応用が利くものです。

You may also like