Home Uncategorized 環境に優しい布バッグは神話であるのか?

環境に優しい布バッグは神話であるのか?

by Ecofriend1874

政索で本当に環境保存できているのか?

環境破壊や温暖化問題はかなり以前から注目されてきました。 従って政府や研究者達や一般人も同様に、枯渇していく地球を救うために、地球温暖化の急速な進行による氷河の溶融率を抑えるなど、この状況に取り組むために、其々の立場で必要な処置を取ってきました。 しかしこれに関連して、同様に政府が進めている政索は、当初から議論の余地がある問題でした。 例えば、国の様々な場所で州政府によるポリ袋の使用禁止は、今疑問視されていて、当初ポリ袋は紙や布袋に比べて環境に害を引き起こすとされていた事実は、様々な専門家によって研究結果が明らかにされ、それは神話であるらしいです。
news_original_N20502830
再使用技術
ポリ袋の代わりに布バッグや紙バッグを使うという裏側には主な問題があり、それは他の種類の袋と比較してポリ袋は再使用されない特性を持っている事です。 しかし当時専門家達は、其々のバッグが、環境を保存する為の要素になるために、何度再使用が必要かについては、何も触れてはいませんでした。 最近の研究では、4回再使用する事が望まれる低密度素材製のポリ袋と比較すると、布バッグは最低でも131回使用する必要があり、紙バッグは少なくとも3回で完了します。 しかし、布バッグは52回以上は使えず、ポリ袋と紙袋は最高でも2回使うと壊れてしまいます。 その様に紙バッグはプラスチックバッグの約2.5倍、環境への影響を提起しています。
canvas-grocery-bag
広い範囲で「ポリエチレン」への考え方を排除する

注目を浴びている最も大きな間違いは、ポリ袋が環境に優しくないと言う事実が発表され、政府がポリエチレンは1種類ではなく幾つかの種類があるという事を無視していた事です。 従来のポリ袋は周囲に脅威を与えますが、生物分解性ポリ袋が紙や綿の布袋より環境に優しい事が実験されています。 それらを2回使用して分解される方が、比較的環境に脅威を与えないのです。

また、布や紙バッグを作る生産工程では、温室効果ガスを排出する溶剤を使用するので、ポリ袋より自然に対して破壊的だという見解がもたらされています。 その上紙袋を持つために、製造会社は多くの紙を作るために森林を伐採する必要があります。 森林は明らかに地球温室効果ガスの最も重要なフィルターとなるように、これは環境に問題を提起しています。
0

議論となっている問題は、通常のポリ袋から環境に優しいと考えられているポリ袋への移行を強要している政府の決定で、専門家による適切な研究が行われた後そのままになっているという事実に、今疑問が湧いています。 しかし最近の事実では多くの詳細はなく、この地球を適切に守る措置を取る必要性と、現在の状況から特定の結論を引き出すことは出来ません。 このように、それらは全て何らかの形で温室効果の影響を与えるようで、他の素材のバッグの代わりに、生物分解性のポリ袋を使用するのが良いようです。

Today's Top Articles:

You may also like