原油への依存を低減するバイオマスから作られるバイオプラスチック

原油は、医薬品からプラスチックに至るまで、現代の様々な製品の成分として使われています。 原油資源が枯渇したら、私達の需要を満たす原油ベースの製品を、どの様に生産すればよいのでしょう。 答えは、キリジン・デヨング教授とそのチームが発表した研究にあります。

Plastics from Biomass

これらの科学者はダウ・ケミカルと共同で、バイオマスから化学原料を作る工程を発見しました。 主な要素はナノ触媒で、カーボンナノファイバーに0.00002mmの鉄粒子を安定化させたときに生成されるものです。 合成ガスやバイオマスから合成された一酸化炭素と水素の混合ガスは、触媒を介して最終的にエチレンとプロピレンの有用な生成物に変換されます。

変換される時の一連の反応は「フィッシャー―トロプシュ」プロセスと呼ばれています。 このプロセスは余剰作物や草や木等から実行することが出来ます。 プラスチックを作るために限りある資源に依存する代わりに、企業は廃棄される非消費型バイオマスを使ってバイオプラスチックを作ることが出来ます。

合成ガスの反応で得た最終的な生成物は、健康被害をもたらす事のないなどの利点があります。 原油は、適切に浄化されたもの以外は使用するには安全でなく、様々な発がん性物質や他の危険物を含んでいます。 エチレンとプロピレン分子は原油誘導体の構造と類似していますが、原油の様に有害成分を含んでいません。

研究はまだテスト段階で、それが広範囲に採用する事が出来るようになるまでに、科学者達はまだ危険性と変換方法の可能性やコストや他の問題を考える必要があります。

そして、バイオプラスティックは価格やパフォーマンス、高度な生分解性や他の問題等に関する壁にぶつかっていくでしょう。 しかし、環境を傷つけているプラスチックに替わる事が出来る、環境に優しい一番の選択肢なのです。

 

Via: ツリーハッガー

Today's Top Articles:

Scroll to Top