Home Uncategorized 植物系プラスチックの生産についての「利点」「欠点」「混乱」

植物系プラスチックの生産についての「利点」「欠点」「混乱」

by admin

バイオプラスチックはその名前が示唆するように、新種のプラスチックで環境に良いものとして分類されます。 石油から由来するものと異なり、これらは再生可能資源から抽出されたものです。 コーンスターチや植物油などの自然素材が、プラスチックを作るために長く使われてきました。 例えば木材パルプのセルロースは、今でもセロファンを作るために使用されています。 現代では、バイオプラスチックは携帯電話ケースや車の部品やコンピュータの部品に使用されています。 上昇し続ける原油価格や、さらなる劣化から自然を守ろうとする環境保護主義者の気持ちは、生物高分子に示される関心をエスカレートさせています。 しかし、バイオプラスチックが生分解性の面では非常に難しい事を示している事実を深く考えたことがありますか?

Producing plastic from plants

利点

バイオプラスチックは、原油から作られたプラスチックに比較すると、非常に良い選択と言えます。 バイオプラスチックの生産は維持可能性のグラフではランクは高く、称賛する価値があります。 生分解性の場合、これらは炭素原料としての化石燃料には依存せず、地球温暖化ガスの排出量も少ないのです。 しかし、例え環境に良い多くの特性があっても、バイオプラスチックの生産はまだ石油ベースの製品に依存しています。 これは農耕機や農業用灌漑、作物の流通等に非再生可能資源から得たエネルギーの形態を使用しているからです。 しかしまだ多くの貴重な資源を節減しており、これは称賛に値します。

これを改善できるか

もしプラスチックが澱粉やセルロースで作られるとすると、全体のプロセスは良くなる可能性があります。 柔軟剤と可塑剤のソルビトールとグリセリンは熱可塑処理する為に純粋な澱粉に加えられます。 これらの製品に加える量を微調整するだけで、素材の特徴をさらに変更する事ができます。 澱粉から作られたバイオプラスチックの工業製品は自然に生分解するポリエステルと混合されると、さらに二酸化炭素の排出量が少なくなります。

欠点

植物から作られたプラスチックは、石油プラスチックの生産コストと比較すると、コスト効率は良いとは言えません。 しかし、特定のバイオプラスチックの適用に関しては素晴らしいものがあります。 デンプンポリマーはその様な例の一つで、農業用に腐葉土のフィルムを製造する為に使用され、堆肥化します。 それらはそのまま現場に放置することが出来、コスト削減にもなります。

これを除外できるか

不快な状況が起こらないように、適切な解決策を見つける為に、様々な手順でテストが行われています。 EN13432は製品の堆肥化を検証する為に、ヨーロッパ各地で使用されている国際規格です。 それは、実験室の素材の90%が180日間で生分解する必要があります。 一方、ASTM6400は米国の規制の枠組みで、商業用堆肥化条件において、これも180日以内に60%の生分解を必要とします。 良いニュースは、PLA系プラスチックや澱粉系プラスチック、他の脂肪性芳香共同ポリエステルの化合物はこれらの基準を満たしています。

混乱

現在のリサイクル計画がこれらのバイオプラスチックによって損なわれる恐れがあり、明らかにこの懸念が大きくなっています。 生産されているプラスチックの生産が27%少なくなっているのは、実際にリサイクルされているからで、これは周知の事実です。 残りはゴミ処理場に積み上げられているか、水域を汚染しています。 人々は一緒にしてはいけないPETとPLAを混乱してしまい、適切に種類分け出来なければ、再使用できないリサイクルPETを作ってしまいます。 これは既に論議されている事で、世界中の大きな関心事になっています。

何故批判的なのか

現在の主だった流れではバイオ系のものはリサイクル素材にはならず、リサイクル用ゴミ箱に直接投げ入れることは考えられません。 たった一つの解決策は、堆肥化可能なプラスチックを使用するかまたは購入する人々を教育する事です。 そうする事で彼等は良い方法に関連する全てのリスクを理解します。 もう一つの方法は、独占的なボトルの種類や、適した分類方法の選択を提案する事です。 しかし悲しい事に最初の選択肢は信頼性が無く、2番目は明らかに高くつきます。

最後に

クリーンで環境に優しいバイオプラスチックは様々な事実に左右されます。 これは、原材料の使用や非再生可能資源に由来するエネルギーや、生産方法や処分方法の請負などを含みます。 しかし最も重要な事は生物分解性と堆肥化率です。 プラスチックを作るために抽出した後発酵させるより、砂糖を植物に変更する方が、主なコストを下げることが出来ます。 ただ発酵段階を飛ばすだけで、かなりのお金を節減することが出来ます。 自然のプラスチック30億トンは毎年この方法を借りて生産するなら、毎年200万トンの温室効果ガスの排出量を低減できます。

Today's Top Articles:

You may also like