中国土壌の下にある化石化した湿原林

ポンペイの発見に類似するもう一つのエピソードは、中国ウーダ近郊の炭鉱に埋もれている、2.98億年の森を追跡する事に導かれます。 米国と中国の科学者チームは、中国の炭鉱の下にペルム紀の失われた森に行き当たりました。 この広大な土地が、ポンペイ全人口が避けられない死で窒息したのと全く同様に、火山の噴火によって地上から姿を消したと想定されます。

The Lost Forest

森は火山灰によってその時期に完全に化石化されていて、研究者達が枝葉の位置の様な一分の詳細まで訳もなく追跡する事が出来たようです。 今までこれらの森の中で、6つの木のグループが孤立していて、それらの幾つかは何と24mもの高さに達していました。 それらは封印木とコルダイテス等で、他にはノエゲラシエイルス属もあり、今日後者は絶滅しています。

この1000平方メートルの魅惑的な森林は火山灰の下に埋もれていて、科学者達は、これは何日間も続けて空から灰が降り続いた結果であると仮定しています。 この事件は古生代のの終わり、さらに複雑な生命の形態を持つ新しい中生代の始まりとなりました。 この時代に本当の哺乳類が進化し、植物はシダ類から顕花族へと進化を遂げます。 実際この壊滅的な出来事は、歴史上最も大きな消滅の一つを表していると言われています。

 

Via: ギズモード

Today's Top Articles:

Scroll to Top