Home Uncategorized 『学校の箱』は太陽エネルギーでアフリカの子供たちを教育する

『学校の箱』は太陽エネルギーでアフリカの子供たちを教育する

by admin

私達は皆、太陽エネルギーが私達の家庭や車、家電やスキーリフトにも、そして日々の生活に影響する様々な事柄に利用出来る事に気付いています。 しかし教育はどうでしょう? 考えもしなかったでしょう! さてここに驚くべき革命があります。 アフリカはまだ開発が最も遅れている大陸の一つですが、子供達の教育で太陽エネルギーを利用しているという点で、既に水準を定めています。 その様な考えを前向きに開拓したアート・デザイン・技術研究所(IADT)のような組織が革命的な努力をしたおかげと言えます。

School in a Box

IADTは『学校の箱』という画期的なアイデアを思い付き、それは、まだ電気が通っているという事が、特権的贅沢と考えられているサハラ砂漠以南のアフリカ大陸に、広くその知識を魔法の様に広める事を確信するものです。 そしてコンセプト全体はどのように機能するのでしょう? 『学校の箱』は、ソーラーパネルやバッテリー、スピーカーやプロジェクターの付いたウィーリーケースのように見えます。 ソーラーパネルの重量は2㎏を少し超える程度で、子供達用に作られたカスタムメイドのカリキュラムが入っている iPad2を充電するには十分です。

最初の『学校の箱』は、今月ダブリンで公式に開校し、南アフリカの3つの農村部の学校に、その様な15の箱が間もなく配置されるでしょう。 箱は、ケ-プペニンシュラー技術研究所(CPUT)によって配布されます。 IADTとCPUTは『学校の箱』を使用する訓練と学校の開発に関してMOUを締結しました。 アイルランドの企業、BPIテレコムは『学校の箱』の世界的流通の側面を調査する事によって、この教育をさらに強化していきます。

Via: シリッコンリパブリック

Today's Top Articles:

You may also like