Home [email protected] @ja LightSail社による効率性が向上したCAES技術

LightSail社による効率性が向上したCAES技術

by admin

エネルギーを利用することと、エネルギーを効果的に貯蔵することは、全く別の問題です。専門家たちはエネルギーを貯蔵し、必要なときに放出する適切な方法を長年に渡って研究してきました。LightSail Energy社は、エネルギーの貯蔵及び必要なときに必要量を放出する効果的な方法を研究し続けている会社のひとつです。CAES(Compressed Air Energy Strage Technology/圧縮空気エネルギー貯蔵技術)を使い、そのプロセスをより効率的なものにしようとしています。

LightSail Energy Could Make Compressed Air Grid-Scale Storage Work

現在、最も経済的なエネルギー貯蔵方法である圧送水力発電は、貯蔵された電力の70~75%を放出することができます。しかしその能力を最大限に生かすためには、特別な地理的条件が必要であるという問題があります。このため、発電所を設置予定の場所が、その設置にはふさわしくないという問題が起こる場合があります。

LightSail Energy社のシステムでは、力学エネルギーと熱エネルギー両方を使って空気を圧縮します。空気が圧縮される間に、霧状の水を入れます。空気に比べて水が抱えられる熱量は遥かに多いので、CAESを使って生産される熱をより効率的に利用することが可能です。圧縮された空気が解放されると、再び熱せられた水が注がれ、熱せられた空気からさらにエネルギーが生産されるのです。

現在のところ、LightSail Energy社は高速コンプレッサーのプロトタイプを使っており、100kWの発電能力が確認されました。同社のCEO、スティーヴ・クレーン氏によると、300psiの圧力で1kWh発電するのに50リットルのタンクが必要です。熱を保存することにより、通常60%であるエネルギー利用効率をこのシステムでは90%を実現します。同社は現在もこの相互効率をさらに向上させるために研究を続けています。

LightSail社は最初の製品を2013年に出荷する予定です。このシステムが効率的にエネルギー貯蔵・放出をするという目的を達成するため、同社は相互効率の向上と同時に、入手し易い価格をも目指しています。

Currently, pumped hydro is the most economic energy storage method, being able to release 70 to75 percent of the energy that’s stored. The problem lies in the fact that it needs specialized geography in order to meet its full potential. This can be a problem if the area where it’s to be used isn’t specific enough.

LightSail Energy has devised a system that harnesses both mechanical and thermal energy used to compress air. Here, water mist is put into the compression chamber while air is being compressed. Since water can hold much more heat than air, it can harness heat generated using CAES better. Once the pressurized air is released, heated water is re infused enabling the hot air to return more energy.

At present, LightSail is using a high speed compressor prototype, which has shown potential of delivering 100kW of power. According to CEO Steve Crane, at 3,000psi, one kilowatt hour needs a tank of 50 liters. By retaining heat, the system’s efficiency can be increased to 90 percent instead of the usual 60 percent. However, the company is still working to further increase round trip efficiency.

LightSail will be shipping its first product in 2013. To ensure that its system is better able to serve its purpose, the company is looking to maintain affordable prices while at the same time enhancing round trip efficiency.

Via: Greentechmedia

Today's Top Articles:

You may also like