AND-REのPACMANリサイクル容器、Urban Equipment Prize受賞

リサイクルの促進は最近の風潮です。世界の都市の多くは責任を持ったごみ処理のために、リサイクルを先導しリサイクル喚起キャンペーンを実施しており、多数の都市ではごみ処分のために特製容器を備えています。こうした設備は、最終的に埋め立て地に行き着き、すでに蔓延しているごみ問題に加担することになる無責任なごみ廃棄を防いでいます。今年、PACMANリサイクル容器は、その目を引くデザインによってリサイクルに対する全般的な考えを変えました。

ACMAN Recycling Containers

デザイン事務所、AND-REは2年連続してUrban Equipment Prizeを受賞しました。前年は『Verso』と名付けた照明システムによってこの賞を受賞しており、今年はPACMANリサイクル容器によって、最高の都市型設備のみを承認するこの権威ある賞を勝ち取りました。この容器は道路脇にグループ単位で点在しています。一目見ただけではこのグループはまるで街まで行進して来た白くて小さな生き物のようです。この容器は白くてまん丸、口の中の色、緑、黄、黒そして青によってのみ判別できます。このカラフルな口から非常に慎重にごみを飲み込みます。この小さな容器が環境を守り、さらに環境を生活上持続可能なものにすることによって住民たちを不注意なごみ廃棄の害から守ります。

このような創意がごみの適切な収集と管理は有用であることを証明しています。PACMANはリサイクルの重要性に対する認識を拡げるだけではなく、人々にとってのごみ廃棄をなおいっそう簡単にしてくれます。

Via:Bustler

Today's Top Articles:

Scroll to Top