Home Uncategorized Natゼロホームの人気急上昇中

Natゼロホームの人気急上昇中

by Ecofriend1874

エコフレンドリーホームの未来形

世界が急激に変化している中で生活の様々な面においても変化が見られます。エコフレンドリーホームも新たな流れを生み出して、人々に愛されるスタイリッシュな省エネ式が主流になってきています。世界中で建設会社が環境にやさしいエコホームをウリにしてきておりNatゼロホームは南部地域において人気を集めてきています。専門家によるとNatゼロホームはエコホームとして人気を集めてきており、2011年の開始時よりその需要は増える一方です。プログラム責任者によると2011年以来Natゼロホームの建築業界全体における割合は17%ですが、2016年の終わりには38%にまで上がることが予想されています。

他の家との違い

一番の違いは代替エネルギーによって電力を確保するようにデザインされている点です。一般建築に採用当初は一部の間でしか需要はありませんでしたが、時間がたつと共にエコホームの中では一番人気にまで成長しました。マリーランドに本拠を置くネクサスとチャールストンのアメリシップス・ホームの2大ライバル同士がジョンズ・アイランドとサマービル地域にこのNatゼロホームを展開しています。噂ではマウント・プレザントにも建設が計画されているそうです。どちらの会社もできるだけ早くこのプロジェクトをスタートさせたいと思っています。

Natゼロホームとは一体何か

Natゼロホームのユニークな点は次のとおりです。

家の外側には断熱パネルが標準装備されています。太陽電池パネルも付いており電力供給に利用され、地熱式水温調節システムも設置されています。

冷暖房とエネルギー回収システムも装備されていて同時使用が可能です。

省エネ効果抜群で電気代を節約し、室内空気の質も高めます。家のフレームの強度も抜群です。

使用されるレンガはエコフレンドリーでリサイクル素材でできています。

専門家の意見

一般的なエコホームの人気向上と共にNatゼロホームの需要も高まってきています。先ほど触れた2社ともにこのコンセプトに全力を注いでいるの理由は、一度エネルギーの保存が完了すれば12ヶ月は利用が可能でその間電気代がゼロになる利点があるためです。両者の社長はこの違いが本当に大きいと述べています。

不動産業界の見方としては、Natゼロホームは一度軌道に乗ったらオフィスなどにも応用が可能で、そういった需要も出てくるでしょうから将来的にはかなりの期待が持てるだろうということです。

Today's Top Articles:

You may also like