Home 車、乗り物@日本語 @ja サイクリングの面白さを加速する未来の折畳み自転車

サイクリングの面白さを加速する未来の折畳み自転車

by admin

排気ゼロでの移動の必要性

初めて自動車の開発に成功したのは19世紀で、長距離を快適に高速で移動することができるので、世界は喜びに沸きました。この後数十年にわたって、自動車はより豪華で、よりパワフルで、形状も変化して、地上でジェット機と競争(注;ランボルギーニReventon)することができる程高速化してくのを目のあたりにしています。しかしこの成功によって、多くの問題も出てきました。

汚染のレベルはピークに達し、交通事故が増加し、燃料資源を消耗し、汚染によって引き起こされた健康上の問題件数が増え、ガソリンの価格は値を上げ、自動車の排気ガスが原因の一部となった地球温暖化などの問題を私たちは実際に目撃しています。移動手段は私たちの生活の主要部分なので、乗り物は欠くことのできないものです。この解決策としては、人々が予算内で購入することができ、排気ガスを放射せず、安い移動手段を開発することです。EVも解決策の1つではありますが、渋滞の緩和や交通事故の防止にはなりません。本当に安全で環境にやさしい移動手段は足を使うことです。

自転車に関する問題点

自転車の発明によって、人々は安い移動手段として馬から自転車に乗り換えました。短距離の移動に気楽に用いることができ、メンテナンスはほとんど必要ありませんし、燃料費もかかりません。今日、多くの国ではまだ古い形式を重要視して、市民に対して移動手段として自動車ではなく自転車に乗ることを奨励し、自動車が侵入できない自転車専用レーンを作り、自転車の購入を免税にするなどの政策を実施しています。しかし、控えめで有効な自転車も、それ自身に問題がないわけではありません。起伏の激しい地域に住んでいる場合は、自転車は必ずしも目的に合いません。言うまでもなく、老人たちにとっては、自転車を乗り回して、駐輪場所を探すことは面倒なとこです。過度なサイクリングはさらに膝損害のような病気を引き起こす場合があります。また、長距離の通勤としてバスに乗る必要がある場合、恐らく自転車をバスの中に持ち込むことはできないでしょう。

理想的なシナリオ

折り畳み自転車を導入することによって、この問題点を変えていくことができるように思えます。一度折りたたんでしまえば、どこへ行くにも自転車をコンパクトに持ち運ぶことができますので、駐輪場を探す必要もありません。さらに、公共交通機関システムにおいは、折り畳み式自転車を車内に持ち込むことを許可しています。もし、電気を動力とする自転車を購入することができれば、より簡単に移動することができるでしょう。これはあなたに完全に自動車を控えろと言っている訳ではありませんが、短距離を移動する必要がある場合は、自転車を使った方が燃料の節約になり、健康維持のためにも大いに役立ちます。

折り畳み式自転車

a) スマーティー・バイク

Smartie Bike

スマーティー・バイクは、簡単に折りたたむことができ、きれいにケースに収めることができる新しい移動手段です。後輪のフレームは、自転車の座席と前輪を回転させることによって折り畳むことができます。チェーンの代わりにベルトを使用しているので、自転車に乗っていても汚れる心配はありません。まだプロトタイプの段階ですが、スマーティー・バイクは、ブレーキやライト、ラッチ、泥よけそしてハブ・ギヤが取り付けられる予定です。

b) コントーショニス

Prototype folding bike

ドミニック・ハーグリーヴス氏は、コントーショニスという今までにない形に自転車を折りたたむ構造を特徴とするプロトタイプを考案しました。チェーンがないこの自転車は、大きなマウンテンバイクの車輪と、後輪に動力を供給するために油を使用する内部油圧装置があります。この折りたたみ式自転車はオフロードでも乗られることができ、また、持ち運ぶというよりはむしろ牽引することができると、ハーグリーヴズ氏は言います。

c) Fubi折り畳み式自転車

Fubi folding bicycle prototype

Ulf Laxström氏は、従来の自転車のスタイルを保持しつつも簡単に格納することができる折りたたみ式自転車を設計しました。この自転車は「Fubi」あるいは「将来の自転車」と呼ばれて、解体すればゴルフ・バッグに入れて持ち運ぶことができます。Laxström氏は異なったサイズでの作成を予定していますが、プロトタイプは長さ26インチです。

d) キャノンデールの折りたたみ式自転車

Cannondale Folding Bike Concept

キャノンデールの折りたたみ式自転車は、後輪のチェーン・ケースが停止と車輪を維持し、自転車の重量を軽減すためにスポーツ・シングルと呼ばれる前輪のフォークを採用しています。ディスクブレーキと9速SRAMハブ・ギアが採用されています。

e) 電気アシスト・折り畳み式自転車

Folding electric assist bike

デザイナーのガブリエル・ワートフスキー氏の折りたたみ式電動自転車は、今後試乗を繰り返した後に、生産段階に入ることになっています。電動自転車は、リチウムイオン・バッテリーの1回の充電で10~15マイルを走行でき、15mphの電気的なアシストをする250Wのハブ・モータを特徴とします。デザイナーは350Wのモータで15~40マイルを走行できるバッテリーを特徴とするもう一つのプロトタイプにも取り組んでいます。

効果

折り畳み式自転車は、将来の輸送手段への道をちょっと開くことができました。現在の進行状況では、数年前から使っていた設備や装置に依存しなければならないため、開発は遅遅としているように見えます。折りたたみ自転車の携帯性は、特に電動機とバッテリーによってサポートされている電動式自転車は、坂を上るのに足に力が入らない人やお年寄りには大変実用的なものです。うまくいけば、健康状態が快方へ向かい、自動車への依存が縮小され、汚染率が下がった世界に変わっていくことでしょう。

Today's Top Articles:

You may also like