ナノ粒子を製造する新方式がハードウェア業界革命をもたらす

より高いパフォーマンスと効率性、安価な電子機器の探求には時間が掛ります。様々な用途の最新の電子機器 を開発するプロセスを改善する為に、科学者達は多くの発見をし新しい技術を構築しています。 アーカンソー州とユタ州の大学の科学者チームが行った新しい研究は、より効率的な装置の生産を進める為に、ナノ分子とナノ薄膜を作る最新の方法を提案しています。

A new method of making nanoparticles and nanofilms

この研究は分子の段階から生産のプロセスを開始する重要性に重点を置いています。 ここでは、人間の目には見えないナノ分子が基礎的要素としての働きをします。  それは将来の電気機器の製造工程を、より安定した信頼性の高い、原料消費の少ないものにしようとしています。  研究者達は、これらのナノ分子を組み立て構築する為の先進技術とより新しい素材を見つけようと取り組んでいます。

研究者達は金のような素材からテスト用ナノ粒子を作り、革新的な化学反応を介してシリコン基板上にそれらを配置しました。 これらのナノ粒子の優れている点は、それらが称賛に値し毒性が無く安価であることです。 さらに従来の方法で生成されたナノ粒子と比較すると、密度や配置に優れている事を示しています。

アーカンソー大学の化学工学のキース・ローパー准教授によると、彼らの研究でいまだかつてない高密度の粒子を生成する方法を発見したといいます。 様々な分析と原子間力顕微鏡が事実を表しています。 この方法はまた、リゾグラフや自己アセンブリの様な伝統的な方法より、ナノ粒子の作成を容易に高速化します。 うまく行けば、ナノ粒子をより効率的に作り出す方法は、今後数年間でハードウェア製造産業に革命をもたらすでしょう。

Via: ナノWERK

Today's Top Articles:

Scroll to Top