Home Uncategorized 世界で最も環境に優しい都市の数々

世界で最も環境に優しい都市の数々

by admin

今日の取り組みにおいて、環境に優しくするという事は、単に街に沢山の樹木を植えると言う意味ではありません。 国は、内側から都市を環境に優しくする措置と最新の技術を採用しています。 例えば、スウェーデンの都市、マルメは、2020年までに都市全体を二酸化炭素を排出しない都市に変える事を確約しました。 その様なイニシャチブは今日、より住みやすい世界を作る為に必要とされています。 マルメの様に、より良い環境の未来を作る計画を既に立てている、環境に優しい都市は沢山あります。

スペイン、バルセロナ

カタルーニャの首都バルセロナには、驚く事に68の公園があります。これらの内、5つが植物園で6つは森林公園です。 この街は、伝統と近代性の伝説的な融合といえます。 通りは自転車に優しく、高い近代的ビルは、太陽エネルギーの様な自然のエネルギー資源で電力を得ています。 これが、バルセロナが世界で14番目の最も住みやすい都市だと考えられている理由です。

コロンビア、ボゴタ

伝統と新しい物が完璧に融和されている事が、この地域のただ一つの環境に優しい要因です。コロンビアの首都ボゴタには多くの公園があり、自然の植物や動物の住処となっています。街の東部は山が境界となっていて、様々な公園や教会がこの地域に集中していて、素晴らしい眺めを作っています。

タイ、バンコク

バンコクはタイの首都です。首都としての発展計画のために、多くの緑地を失っていますが、環境に優しい状態にするために都市の心臓部に幾つかの公園の緑地のエリアが作られています。

ウガンダ、カンパラ

ウガンダの首都カンパラは全てが環境に配慮した都市とは言えませんが、そこには多くの緑地があります。 都市は緑に囲まれ、それを見ると癒されます。 ここにはゴルフ場や庭園や公園が沢山あり、カンパラは自然の緑を維持するように管理しています。

テキサス州オースチン

オースチンはテキサス州の都市で、100%環境に優しい都市であるとの地位を確立しています。 オースチンの全ての住宅はソーラーパネルや風力発電装置の様なエネルギー効率の良いシステムを装備しています。彼等は維持可能な自然に焦点を置いていて、その価値を証明しています。世界で最も維持可能な都市の一つに選ばれ、オースチンは間違いなく腰を落ち着けるのに最適な場所です。

ドイツ、フライブルグ

持続可能な発展をしたフライブルグの秘密は、人々の考え方です。 地元住民は、自分達の街を環境に優しくしたいと考えていました。 世界で最も美しい国の一つである事から、ドイツの都市はしばしば、地球上でもっとも環境に配慮した場所だと言われるのも当然です。 廃棄物のリサイクルとエネルギー保全は、フライブルグの人々にはごく当たり前の事なのです。 これぞれの家族が、自分達の生活にはどのくらいのエネルギーが必要かを考えながら生活しています。

米国ワシントン州シアトル

シアトルは、米国で最も大規模な風力発電を行っている本拠地で、全国で最も維持可能な都市に選ばれました。天然資源擁護協議会(NRDC)によって行われた調査は、エネルギー生産と保全、環境に優しい建物と空気の質の点で、初めて『エメラルド都市』を投票で決めました。 シアトルは第2位になり、生活水準と緑地のカテゴリーでは4位に入っています

カナダ、ケベック市

ケベック市はしばしば「カナダで最も維持可能な都市」と呼ばれています。 環境に優しい店舗やレストランや酒店まであり、自然が生んだ最も驚異的な創造物と一緒に暮し、それを感じたければ、ケベック市は最適の場所といえます。市は、環境に優しく汚染の無い自転車や、ミニ電気バスを利用し、地元農園で作られた新鮮な有機食物を食べ、環境に優しい生活をしています。 政府は幾つかの触知公園を建設し環境に優しい製品の使用を促進奨励しています。 そこは地球の楽園の様です。 地方の豊かな緑とクリーンな道路を持ち、ケベック市は、本当に環境に配慮するカナダの中心地となっています。

デンマーク、コペンハーゲン

コペンハーゲンはヨーロッパで最も環境に配慮する首都の一つと考えられています。コペンハーゲン政府が採用している、革新的な環境に優しい対策の幾つかは本当に称賛に値します。 環境に優しく維持可能な製品を使い、利用する事を人々に薦めています。 またコペンハーゲンでは主な交通手段はバイクか自転車です。 住宅では雨水を利用する雨水収集システムを装備し、トイレを流すために使っています。これらの他にもレストランホテル、麻や綿、亜麻のような環境に優しい削座で作られた意用品だけを扱う環境に優しいブティックなどが建設されています。 環境に優しいレストランは有機食物で作られた製品だけを備蓄しています

スウェーデン、マルメ

 

マルメはスウェーデン第3の大都市で環境に優しい例として自らを確立してきました。都市はスウェーデンで初めて2006年に公正取引を開始しました。 マルメ政府は街を環境に優しくするように幾つかの繊細な手順を進めています。良く知られている環境に配慮する手順としてはソーラーパネルを設置してお湯と電気を生成し、全ての家にパイプラインを敷き、雨水をを採取して利用します。 また有機廃棄物粉砕機を住宅に設置して、流し台のゴミと有機食物を直ちに粉砕します。

Today's Top Articles:

You may also like