Home Uncategorized 浮遊エコハウスは住居にグリーンを見事に反映

浮遊エコハウスは住居にグリーンを見事に反映

by admin

新しい形のエコ住居に興味のある人は、モニカ・ウィエズバの考案した浮遊エコハウスなどは興味を惹かれるでしょう。このエコ住居は自然との共存を見事に実現したデザインで、水上を移動することができるためエコの雰囲気だけでなくカーボンフットプリントも相当な量減らすことができます。

ウィエズバさんはこのプロジェクトを通して現代の自然との共存における問題点に解決を見出せればと期待しています。というのもエコ住居は一般的に都市部に設置する際にスペース確保の問題が出てきます。しかしこのタイプは完全経済的で環境も考慮しており、代替エネルギーも上手に使用して住居への電気利用に生かされています。このプロジェクトには低電力式機構、エコ素材、そしてその他の先進的な技術が応用されています。

建築様式全体は移動式であらかじめ加工の施された素材からできています。そのため住民が自由にレイアウトを変えたり、場所やスタイルなども自由に変更できるのです。プレハブ建築式のため建築時のゴミの量を大幅に削減することができ、家のスタイルを変更する際もわずかな時間で簡単に行うことができます。

この浮遊エコハウスを通して素材の再生利用を呼びかけていくことを目剤していて、電気に関しては太陽電池やそのたの代替エネルギーのオプションがあり、飲み水には浄水設備に加えて雨水再利用も出来るようになっています。使用する素材のほとんどが無害なもので環境に悪影響を全く与えません。さらに、素材は地元の周辺で簡単に集められるものばかりです。

Today's Top Articles:

You may also like