若い生徒たちがリサイクル材料から彫刻を創り出す

リサイクル製品からアートを創り出すことはいつでも賞賛に値しますが、その努力が生徒たちによって行われる場合はさらにそうです。それは、結局のところ地球の未来はそれほど暗くないかもしれないという希望を私たちに与えます。このような努力は古くて無駄なアイテムを美しいオブジェクトに変えるだけではなく、そうでなければ埋立地に投棄されるであろう製品の寿命を延ばすことでもあります。私たちみんなが知っているように、ごみ捨て場はジャンクを貯め込む小さなスペースでますますいっぱいになっています。なので捨てられた材料が美しいものに変わるのは時間を割いて見にくる子供たちにとってうれしい驚きです。高度な研究のための米国州立グレトナ第2アカデミーの生徒たちがキム・マグワイア教師の指導の下で彫刻の歩道を作成する、そのような事業を目撃しました。

Gretna students create a sculpture walk

展示の彫刻はすべて紙、プラスチック、その他の廃棄物などのリサイクル素材を使用して作られました。その革新的なプロジェクトは関わった生徒が2〜5年生であったという事実により、さらに賞賛されています。彼らは作品を考えだし、彼らの決定に従って、それを完成するための自由が与えられました。ある彫刻は、脚を組んで座り、新聞を読む人を描写します。そのフィギュアは透明なプラスチックを全材料に作られています。もう一つは、結ばれたレースとパターン化されたデザインを備えた、パピエマシェを材料に作られたように見えるスニーカーを描写しています。さらにもう一つはすべて屑紙から作られた、動物、おそらく馬のように見えるものを示しています。

生徒たちと家族がいくつかの分野から称賛されていた展示会に参加しました。事業に関する他の詳細は一切与えられていませんでした。それがかなりのインパクトを与えたに違いありません。

教師たちは、生徒が緑の道を進む手助けに尽力しているようです。グレトナ第2アカデミーの努力は他の学校もまた同じことをするように刺激を与えるに違いありません。

Nola より

Today's Top Articles:

Scroll to Top