Home Uncategorized 最初のコーダ・セダンが組み立てラインに下ろされる

最初のコーダ・セダンが組み立てラインに下ろされる

by admin

コーダ・セダンが、ついにその顧客のもとに届くのはもうすぐ、カリフォルニアのベニシアにて組み立てラインに下ろされました。中型サイズの電気自動車であるこの車は、2つのバージョンが選べます。一つは時速201キロ、もう一つは241キロメーターレンジで走行します。中国からの輸入品で、アメリカにてもう一度再設計され、新しい前方と後方のデザインが施されます。

Coda Automotive

コーダは、排気ガスゼロ車で、すべてが長時間使用可能な電気バッテリーであり、しかも自ら調整し、短時間充電システムを採用しています。この車はアクティブ温度調整システムを融合させたもので、いつでもバッテリーの温度を管理下に置くことができます。

この電池は、リチウムイオンリン酸バッテリーを使用しています。この電池は、100kw程の電源を発電できる電動モーターを充電できます。トップスピードは、1時間あたり137キロにもなり、モーター自体は、300Nm程になります。バッテリーのチャージはとても簡単で、200ボルトのウォールプラグに6時間差し込むだけで、フルチャージできます。

この車のデザインで重視しているところは、簡素なラインでシンプルな見かけをしているところです。LEDデイタイムライト、LEDテールライトも搭載の上、アルパインサテライトナビゲーションにより、7インチのタッチスクリーンでオーディオ、そしてビデオがフューチャされています。

ウィールへのパワートランスファーについて説明すると、Borg-Warner eGearDriveのシングルスピードトランスミッションを採用しています。このトランスミッションは、例えば少ない騒音、震動、トルクのキャパシティーが大きいなど利点が沢山あります。

このメーカーはコーダの販売価格を38,145ドルと見積もっています。しかし、この車には税金のインセンティブと安いメンテナンスコスト、そして低燃費などの条件で実際の価格としては、だいたい28,172ドルくらいに下がるかもしれません。

カーアドバイスより

 

 

Today's Top Articles:

You may also like