Marcelo da Luz氏ソーラーカーをけん引して変化を起こす

ソーラーパワーは急速に認識されてきて、ソーラーパワーで動く車や器具も知られるようになってきた。完全にソーラーに頼るようになるのはまだまだ遠い先のことであるのかもしれないが、今はまさにこれまでのエネルギーにとって代わる途中であるといえる。環境にやさしいライフスタイルに変えようという気持ちを人々に抱かせながら、Marcelo da Luz氏は、自らソーラーパワーで動く車を組み立てた。その名もXof1 ソーラーカーである。このソーラーカーはソーラーパワーで動く車で、16,000マイルもの膨大な距離を旅して世界記録を保持している人々の間で賞賛を浴びた。しかし、現在da Luz氏のソーラーカーは、大勢の人々に刺激を与えるまでにはいたっていない。現在、da Luz氏は、オタワからはるばるトロントまでの道のりをソーラーカーをけん引している。

Solar powered car

Da Luz 氏がこの試みを決心したのは、ただ自分のソーラーカーを運転するというより、彼が考え出した構想である環境28日チャレンジの引き手となるためだ。2都市間の多くのコミュニティを訪問し、人々のライフスタイルの側面を変化させる試みで、積極的に環境に影響を与え、一人の人間が変えることができるものを証明した。

28日間チャレンジという名前がついたのは、習慣を作るのには28日かかるからだ。da Luz氏は人々に変化を起こすことについて教える時間を作ろうと考えている。Da Luz 氏は5月7日にポートホープにたどり着き、そこから28日に連邦政府議会に歩いて入った。

コーバーグに向う前のポートホープでは、Da Luz 氏はGanaraskaトレイル公立学校を訪問し、そこで夜を過ごした。そのほかに立ち寄ったところは、グラフトン、Cramahe、ブライトンだ。Da Luz 氏は、5月27日にオタワに入る予定だった。

このソーラーカープロジェクトで世界記録を作り、人々に刺激を与え、持続可能なエネルギーを使用することを推進しようという構想を練っていた。Da Luz 氏は、28日チャレンジで夢を実現した。この先にあるものがなんなのか、それを見るのが楽しみだ。

 

Via: Northumberlandnews

Today's Top Articles:

Scroll to Top