世界初の洞窟内郵便局

洞窟の中にある地下郵便局というとおかしな響きがしますが、このポストーニャ洞窟郵便局を見てみると本当に驚かされます。今回のプロジェクトは機能性と物理的な可能性に問題があると見られていたパビリオン部分の改修が大きな目玉でしたが、「スタジオ・ストラトム」によって改修工事がされて、生物汚水浄化プラントをつなげた衛生設備面を向上させ、最大の懸念であった 継続使用性建築を取り入れたたたずまいを実現させています。

世界にただ1つのこの地下郵便局ですが、商品販売エリアが2つに分かれていてパビリオンエリアと展示エリアに分かれているのが特徴的です。

パビリオンはS字型をしており4方向から自在に出入りすることが出来るようになっており、ここに生物汚水浄化プラントをつなげた衛生設備面が設置されています。

展示エリアは透明なガラスでカバーされており、床に電気プラグが設置されているため移動式電気設備が使用しやすい環境になっています。この部分は施設内のコンサートホールにつながっています。

最大のハイライトである 浄化プラントのほかに継続使用性の強調が暖房施設や換気システムを通しても見て取ることができます。空間を上手に利用してコンサートホールにもつながっているこのエコ郵便局はまさにこの世に1つだけの特別な存在です。

Today's Top Articles:

Scroll to Top