Home Uncategorized ルクセンブルグに登場した省エネハウス

ルクセンブルグに登場した省エネハウス

by admin

外装・内装問わず、モダンデザインにとってミニマリズムがキーワードのようになっているようで、どこもかしこもデザイナーや建築家はガラスや木そして質素な壁を目立たない色にして家やコンドミニアムの設計にあたっているのがうかがえます。昔のレトロといえば派手な色調に代表されるように今の時代はこの落ち着いた雰囲気がトレンドになっているようです。しかし、ただの見た目だけでなくミニマリストでスマートなデザインにはその他の効果があるのです。

モダン住宅建築に関しては天然素材の節約とコストパフォーマンスのよい建築スタイル、そして 省エネ機能を交えた上で見た目の良い家を建てるというのが基本線です。ルクセンブルグにあるこの美しい近代住宅はシュテインメッツ・デ・メイヤー建築会社によってデザインされ、エレガントさと実用性を兼ね備えています。各部屋がそれぞれお互いにつながっていてまるで1つの大きな部屋のような感じになっている他、床から天井までの大きなガラス窓を通して見る芝生はまるで部屋の一部のような錯覚にすら陥ります。

デザインには自然光を最大限に取り入れて電気代を節約するような工夫が凝らされていて、自然素材を用いた断熱効果も効果的です。これに加えて木製デッキ、プールそして 太陽電池パネルも設置可能で住人を暖かく住まわせてくれるクールな家だと言っても過言ではないでしょう。

Today's Top Articles:

You may also like