Home Tranportation 電気自動車やEV車のための新電池技術

電気自動車やEV車のための新電池技術

by admin

Neal Tate Saiki の頭文字をとったNTS Works 社は、Zero Motorcycles 社の創設者であり、主要な電動バイク会社だ。当社は、電気自動車(EV)の革新的な電池技術に関連した情報を開示した。Zero Motorcycles社を昨年定年退職したニール氏は、カリフォルニアのサンタクルスに新しい会社を設立した。この会社は、技術開発を中心に行っている。売り出された新しい電池は、電気自動車の販売を現在の2倍の売り上げに増やすことに貢献するだろう。そしてこのことは、電気自動車の可能性をフルに活用したいと願っている消費者にとって、画期的なことになるだろう。

battery breakthrough

電動自動車の売り上げは、高いコストと限られた走行範囲のため、現在徐々にしか上昇していない。これらの欠点を改善するべく、この新しい電池は、長いサイズの電池パックの中に入れるEVSのために作られた、ずば抜けて高エネルギーのリチウムイオン電池式セルとの関連に役立つ技術に基づいている。このような電池セルはすでに市場で存在しているが、これまで電気自動車と関連付けて考えるほどコスト効率のいい技術がなく、急成長することは難しかった。NTS Works社からの電池パックは、小さなシリンダー型のリチウムイオンセルからなっている。これらは18650 セルと呼ばれている。最初はノート型パソコンのために設計されたものだったが、その理想的な形とサイズはリチウム電池産業で大ヒットした。これらのリチウムイオン18650 セルは軽く、コスト効率もよいため、多くの人がこれを利用したがっている。

セルをつなげるアイデアは、セルと圧力を機械的につなげることに基づいている。しかし、この技術がもつ主な制限は、エネルギーの強力発進には向かない。そのため、これらのセルは、高性能の自動車には利用することが出来ない。しかし、この技術は、スクーターや電動バイクのようなEV車には適している。

Via: Autoblog

Today's Top Articles:

You may also like