Home 車、乗り物@日本語 @ja カリフォルニア200 EV 充電ステーション

カリフォルニア200 EV 充電ステーション

by admin

電気自動車は、従来型の燃料をベースとする車に対するソリューションかもしれませんが、充電ステーションが足りないので、再充電方法のオプションを、通勤者が選べないというのが難点です。もちろん電気自動車を家で充電することはできますが、長距離を旅行しなければならないとしたらどうでしょう?通りすがりの人に家で充電させてくれと頼むこともできないので、石油やディーゼルで動く車のためのガソリンステーションのような、ステーションが充分に必要です。こうした観点から、エネルギー業者のNRG Energyは、カリフォルニア州公益事業委員会と共同で、カリフォルニアに充電ステーションを設置する計画を発表しました。

NRG To Build At Least 200 EV Charging Stations In California

これは1億ドルの取引で、200基の EV 充電ステーションをベイエリア、ロサンジェルス、サンホアキンヴァレー、サンディエゴカウンティに建設することが含まれます。この契約は、Dynergyの子会社が10年前に結んだ電気契約の訴訟を解決するものです。この子会社は、NRG を含むカリフォルニアの発電所によって共同所有されていました。

このイニシアティブは、充電ステーションの不足による問題に直面しているカリフォルニアのEVユーザーにとって大きな助けです。この契約によって、電気自動車は15分以内の充電時間で走行距離を50マイル(80km)延ばすことができます。これは、現在5基のステーションしかないカリフォルニア州にとって幸先が良いことです。

さらに2億ドルが、カリフォルニアPUCへの支払いに確保され、消費者の電力費を軽減しています。さらに、NRGが、学校、家庭、オフィス、病院に1万基の充電ステーションを配備する計画です。

このような取引は、グリーンな車を交通手段として推進する国のイニシアティブの一部です。昨年は、350GreenとCoulomb Technologiesが提携し、400基 の充電ステーションをニューヨーク、イリノイ、カリフォルニア、ペンシルヴァにあ、インディアナに建設しました。

出典:Forbes

Today's Top Articles:

You may also like