Home Uncategorized 環境に配慮する努力、大きな共有の議題

環境に配慮する努力、大きな共有の議題

by Ecofriend1874


企業は製品が及ぼす有害な影響を危惧して、顧客に環境に優しい製品を提供し始めています。ビッキー・キムは18ヶ月の赤ちゃんの母親で仕事を持っていますが、2つのカテゴリーがある使い捨ておむつに行き当たりました。一つは環境に優しいラベルが付いていてもう一つは通常の物で、暫くの間考えてしまいました。環境に優しい紙おむつはかなり高く一般人には手が届きませんが、普通のものはお手頃価格でした。よく吟味した結果、ビッキーは環境に優しいパックを選びました。環境に優しいラベルが付いている製品が赤ちゃんの肌に良いと言う単純な理由です。

数日前ソウルで働いているチャン・デヒョンと言う名前の38歳の職員が新しい車を買いました。色々な魅力的な車がある中で、チャンはトップグレードの燃料効率の良い車を選ぼうと考えていましたが、最終的に韓国政府が認可した車に落ち着きました。ハイグレードの認可を受けた車はかなり高価で低グレードの車とは対照的に高い値、段です。しかし環境に優しい車は長期的には価格効率が良く、耐久性と優れた走行距離を提供しています。

現在多くの人々が優しい環境へのアプローチを期待していて、気候条件や環境について以前より考えるようになりました。これが、企業が製品の品質を最優先に考えていて迅速な措置を取っている大きな理由です。これに加えて、企業サイドが広い範囲で環境に優しい製品を大量生産しているのは、消費者が環境を守るのを支援する為だけではなく、彼らの生産ラインも高めているからです。「韓国電子協会」の責任者のキム・ヒジュンによると、「環境に優しい」と言う言葉自体が企業サイドとマーケティング担当者の話題になっているといいます。これは消費者の殆どが環境について考え、同じ様に保護しようと努めているからです。


[box_dark]環境に優しい製品の観点における消費者の立場[/box_dark]
ビッキー・キムは、殆どの消費者が高価な環境に優しい製品に出費する用意がある事実を明らかにしました。さらに消費者は、普通のものには見られない製品の耐久性や機能性があると購入を躊躇いません。進化するトレンドと共に、メーカーの殆どが、家庭用品から現代的な電気製品まで、洗剤の要らない洗濯機、掃除機、エネルギー効率の高い暖房器や、国内市場に解き放たれたエネルギー節減モーターを使った多くの製品など、広範囲で環境に優しい製品を導入しています。過去数年間、環境に優しい製品の商業化実現の可能性が、その人気には関係なくある程度懐疑的だと思われていました。しかし今、環境に優しい製品は、様々な韓国企業に多くの理由で大きな商業的価値のある商品として進化を遂げています。 さらに市場での環境製品の人気が高まりで、輸出業者の間でセールスポイントの価値が大きく上がったことに貢献しています。韓国の大手輸入業者の幾つかは、高いエネルギー効率と環境を配慮するよう輸入商品に特定の基準を設けています。これを念頭に置いて、多くの韓国企業が輸出に頼っていてこれらの変化に目を瞑る事は出来ません。
[box_dark]企業サイドの役割 [/box_dark]
現時点では企業の殆どが環境製品に興味を持ち積極的に挑戦しています。環境製品は成長を維持するために決定的な役割を果たしますが、放って置いても商業的成功をもたらすものではありません。とりわけ環境関連製品が一般製品の機能や品質が及ばないと、顧客はメーカーに背を向けてしまいます。サムスン経済研究所の研究者ハ・ジュヒョン氏はレポートの中で、環境製品を繁栄させる戦略をもたらすために経験しなければいけない数々のジレンマがあると述べています。ハ・ジュヒョン氏はまた、製品の区別化を供給する難しさ、高い生産コスト、制限される市場の需要の3つの大きな課題に直面していると強調しています。

Today's Top Articles:

You may also like