Home Uncategorized 環境に優しい美しさでビーガンバッグがファンの間で大ヒット

環境に優しい美しさでビーガンバッグがファンの間で大ヒット

by Ecofriend1874

[box_dark]マット・アンド・ナットのスタイリッシュなビーガン(菜食主義)ハンドバッグ[/box_dark]
「革を使わない」これはマット・アンド・ナットとナットのハンドバッグのモットーのようなものです。何故ならこれらのバッグの作者は本当に自然を気遣っているからです。マット・アンド・ナットは1995年に始まり、今日それが大きくなり確実にファッション業界に波紋を広げています。これらのバッグはスタイルは申し分なく、上部は革以外の物は何でも素材にしています。これは誰にとっても、特に自然を愛し環境保護に献身している人にとっては明らかに素晴らしいニュースです。

マット・アンド・ナットの背後にあるインスピレーションは「自然」で、彼らの手段やデザインがそれをはっきりと表しています。マット・アンド・ナットは、環境に優しいバッグを人々の為に製造している以上に、社会的責任として自然を保存しようとしています。マット・アンド・ナットが今日ここにあるのは探求心で、それが成功への原動力となっています。環境に優しい生地を全く新しい角度で探求する熱意は、彼等に画期的なアイデアを与えています。マット・アンド・ナットは2つのコレクションを特色とし、そのハンドバッグについてもう一つの注目すべき事実があり、バッグの内側はリサイクルプラスチックボトルで作られています。1995年に戻りますが、インダー・ベディがビーガンハンドバッグを製造しようと考えた時、この考えを支持する人は殆どいませんでした。それは驚く事ではなく、当時ビーガン(菜食主義)の言葉の意味を知る人も少なく、革でないバッグは人々にとって普通の事ではなかったからです。しかし現在はすっかり変わり、当時と現在の間に何が起こったのかをマット・アンド・ナットをよりよく理解するために議論してみましょう。


[box_dark]マット・アンド・ナット、全ては大学のプロジェクトから始まった[/box_dark]
はい、その通りです。インダー・ベディは彼がするべきプロジェクトの一部で事業プランの一環としてマット・アンド・ナットを考えました。彼がアイデアを出した時、誰もビーガンの概念を理解出来なかったので受け手がおらず、インダー・ベディは彼のビジネスにお金を出す人を一人も得ることが出来ませんでした。しかし有難い事に、インダー・ベディは彼が考えた事を止めようとはしませんでした。 何故誰も彼のビジネスに資金を貸そうとしなかったのかいまだ答えが無いままですが、インダーにそれを聞いてみると彼は、その当時銀行は2つの企業が非常に危険があると考えていて、ファッションはその一つである上に彼のビーガンハンドバッグのアイデアは殆どエイリアンの侵略の様でした。

一人の支援者も無くインダーは彼のプランを進めていきましたが、自分のしている事に満足し満ち足りていました。「やる気があれば方法はある」インダー・ベディに当て嵌まる言葉で、彼はマット・アンド・ナットの資金繰りの為に企業で働いたのです。インダーが最初のバッグを商品にした時、それを市場に持って行き車で売りました。マット・アンド・ナットにとっては確かに厳しいスタートでしたが今は明らかにスポットライトを浴びています。そして環境に優しいだけでなく非常にスタイリッシュなバッグを愛する多くの顧客を持っています。マット・アンド・ナットは本当に脚光を浴びています。インダー・ベディの、動物の皮を使わないハンドバッグという考えは、最初は不合理に聞こえましたが、現在では明らかに刺激的で有用なものになっています。

Today's Top Articles:

You may also like