Acuraの RLX は2012年のニューヨークインターナショナル・オートショーでお披露目予定

本田技研工業の高級自動車部門であるAcuraは、来たるニューヨークのオートショーで、RLの後継車を展示するという大きな計画があります。Acuraの最新のフラグシップ・セダンは、おそらくRLXと名づけられるでしょう。ホンダは、すでに 商標庁とアメリカの特許庁に、商標とRLXという名前を申請しており、それはまるで既に会社から2文字の名前のシリーズを消そうとしているかのような、大胆な動きです。

New Acura Flagship to Debut at the New York International Auto Show

AcuraのRLXは 古く、外に分類されたRLに変わるものとされています。この高級車Acuraの仕様等について、 まだ公式な発表はありませんが、RLXはおそらくまだ前のエンジンと全輪駆動パワートレインを使うであろうと予想されています。唯一の違いは、RLの後継車であるこの車は高い出力の新しいSH-AWDハイブリッドシステムと使い、電気モーターの力で後輪を回転させるということ。 20kWの電力を生成することのできる 2つのモーターとともに、3.5リットルのV6エンジンを搭載します。トルクベクタリング機能はまだありますが、RLで見られるよりもより軽いメカニズムのシステムであろうと報告されています。

現在、RLの変わりとしてのRLXと共に、TLは、Acuraの、二文字の名前の車のラインアップの最後の砦として、まだ残っています。将来、ホンダはセダンを3種類だけ販売するという噂もあります。その3種類とは、RLXと、新しいILXは残り2種類のうちの1つで、そうなると、最後の1つがTSXか、もしくはTLが廃止されていしまうのかと考えるところ。この企業の、新しい3文字の名前を考えると、TLは廃止される候補の筆頭とも思えます。 しかし私達は、単なる観客として、ただ座ってショーを楽しみ、将来どうなるか待つしかありません。

Via: Acuranews

Today's Top Articles:

Scroll to Top