Home Uncategorized 伐採と乱獲が珊瑚礁を喪失した主な原因

伐採と乱獲が珊瑚礁を喪失した主な原因

by admin

研究者ケーティー・クラーマー氏とジェレミー・ジャクソン氏が行った調査は、世界中の珊瑚礁が消滅しつつある原因に関して明確な見解を出しました。カリブ海地域に拠点を置き、カリブ海の珊瑚礁の大量の減少を集中的に調査しながら、世界中の珊瑚の生態系を推定したものです。地球温暖化と成長しつつある大気圏の炭素化は、珊瑚の減少の部分的な原因ではありますが、カリブ海の場合の一番の原因は、森林の伐採と珊瑚礁の濫獲であることが判明しました。

Caribbean Coral Reefs

調査は、様々な種類の珊瑚礁の一生の観察を広範囲に渡って実施しました。状態の良い珊瑚礁と衰退期の珊瑚礁のサンプルとして1800株を検査したところ、海中の森林には、沈泥や汚染物質が蓄積し、海洋に流れ込む土地栄養素が減少したことが明らかとなりました。さらに珊瑚礁の乱獲が藻類を常食にする暗礁魚の減少に結びついています。これは藻類の増加につながり、暗礁表面が海低を覆いつくして珊瑚の成長を妨げていす。

これは明らかに私たちの行為の結果として、今回私たちに返ってきたことです。これによって地方政府は、地球温暖化が原因で、炭素放射は自然現象のため政府の管理下にはなく、暗礁保護対策を支援することができない、という責任を転嫁することができない立場となりました。これは地域住人に対して、伐採や乱獲という人間の行為が直接的な結果を招いたということに焦点が当たることになりました。カリブ海の島は資源を制限し、地元住民が農業のために森林を伐採したことは理解できます。しかし、その行為が過剰すぎると、大きな観光の収入源となる美しい暗礁を破壊しています。

カキとハマグリより大きな貝種はここ50~60年間で大部分が消滅し、無分枝性の珊瑚は分枝性の珊瑚にとって代わり、他の暗礁の減少に繋がりました。この調査は元住民を教育することができ、また、暗礁が経済的・生態学的に重要性なことを悟らせることができました。これから珊瑚を再生させることは、まだ、遅すぎではないかもしれません。

Via: UCSD

Today's Top Articles:

You may also like