Home 環境@日本語 ドバイ空港は昨年度7万トンまで二酸化炭素の排出量を削減

ドバイ空港は昨年度7万トンまで二酸化炭素の排出量を削減

by admin

以前、ドバイの環境保護を構築する市の構想 と環境保護のの技術を誇るホテルについて楽しく語りました。今回はドバイに関する維持的ニュースに出合いました。華麗で壮大な計画と言うだけでなく本当に好ましい姿を示しています。まるで遺書の様に良く考え抜かれ計画は整理され、ドバイ空港当局は首長国のそれぞれの施設全てを合わせ、なんと計72,793トンの二酸化炭素排出量の軽減させました。

Dubai Airports reduce 72,000 tonnes CO2 emissions

数字は2011年度エネルギーと燃料節減の取り組みの公式結果です。現実に空港スタッフの保全への取り組みは、他の実用面でもメリットをもたらしています。長期的な価格効率を期待する夢の様な展開の縮図です。当局は過去1年間の燃料節減は実質的に15,900,000ディルハム(約4,500,000ドル)達成したと宣言しました。そして節減したのは金額だけでなく、ドバイ空港は湾岸諸国では危機的状況の水を約131,900,000ガロン節減しました。

ドバイ空港の経営責任者のポール・グリフィスによると、彼らの究極の目標は環境に責任を持つ事で、首長国が直面する膨大な航空交通量を考えての事です。彼はまた環境に優しいビジネスは同等に優良なビジネスであるとも言います。燃料や資源の節減による利幅は長期的に莫大なものになります。

Via: MSN

Today's Top Articles:

You may also like