Home Uncategorized 科学者達は水の酸化サイクルの理解に一歩近づく

科学者達は水の酸化サイクルの理解に一歩近づく

by admin

長い間自然派人間の要求にそう技術の開発にインスピレーションを与えてきました。完璧に設計された自然の法則は最新の技術を使おうと真似することは出来ません。例えば従来の電気分解で、水を酸素と水素に分離することが出来ますが、その工程には大量の電力が必要です。酸素の主な源なので私達が生きていく上でこのプロセスは欠かせません。科学者達はこの複雑なサイクルをアンモニアを使って研究しようとしています。

Scientists Use Ammonia to Study the Catalytic Reactions Used by Plants to Split Oxygen from Water

研究は人工的なシステムが自然のプロセスを模倣することが出来るかが重要で、大量の酸素を生産しまた副産物として水素が出来るはずです。4月2日に発表された論文の最後に、ジョージア工科大学の科学者達は、水素結合した水分子のネットワークが酸素生産過程で触媒の役割をするという概念で実験をしたと述べています。研究者達は、水分子のネットワークが植物の酸素生産過程で重要な役割を果たすことをアンモニアを代用して示ししました。

アンモニアを酸素の代わりに使うと水素結合分子ネットワークが破壊されることが分かりました。トレハロースや単なる糖を加えるとネットワークは再生しました。科学者達は、人工的システムで酸素を生産する為にはネットワークを強化維持する必要がある事を発見しました。この実験が、太陽光を使って酸素と水素両方を生産する為のより良い技術に繋がる事が期待されます。さらに、トレハロースを水分子ネットワークの安定剤として使用する事が重要であると証明しています。

研究者達はここに立ち止っている訳ではありません。彼等はさらに水の酸化サイクルを研究し、将来はこのプロセスが人工的に模倣出来る事を願っています。そのような事が可能になれば、どの様に酸素とエネルギーを生産するかという問題をより良い方法で処理することが出来ます。

 

Via: ゲートCH

You may also like