Home Uncategorized 次世代型住宅用燃料電池

次世代型住宅用燃料電池

by admin

現状

電量需要の現状は供給量をはるかに超えるものです。人口は増える一方で、電子機器の使用量も上昇していますから電力供給ラインにかかる負担は大きくなっています。ですから都市部でも離れた土地でも電力を無駄にしないでしっかりと供給できる集中システムが求められます。そうすれば供給ラインを途切れなく市民に提供できるようになるのです。

このようなシステムは化石燃料の副産物であるカーボン排出も減らし、地球温暖化を念頭に入れて環境に優しい方法で電力を供給されるものとして効果的です。再生代替エネルギーが効果的に電力供給ラインを通して供給されれば天然資源を守り環境への悪影響も大きく削減されます。

変化の必要性

今のところこのようなスマート電力供給システムはごく小さな規模で実践されています。全国規模で採用しようとする動きもあるので、この際に想定しうる多くの問題を解決する必要があるのです。一定のモデルが動くかどうかを各地でテストしていますが、ここでうまくいってもより大きな規模では様々な状況の変化が考えられます。

システムがしっかり機能するには巨額の投資が必要のため、実際に企業で乗り気であるのは少ないのです。政府の支援システムははるかに必要に足りなく、残された支出分をどうやってカバーするかが問題です。経済状況が厳しい国ではプロジェクトの立ち上げすら難しいですからどれだけ効果的でも全世界に広まるにはまだまだ時間がかかります。

次のステップ

このシステムのアイデアは将来に持ち越されますから代わりになるものを作り出すことが必要になってきます。その結果住宅用燃料電池が効果的だとなりました。

A)日本石油の販売する燃料電池

日石は1KWクラスの燃料電池を2009年にエネファームユニット150世帯に設置しました。このシステムで一般家庭の温水を80%と電力消費の60%をまかなえます。

2009年には実際に住宅用に使った時の実用性が結論付けられました。コストは高いですが効果は抜群でした。東京ガスのモデルは87%の省エネ効果を発揮し必要な時だけ燃料電池を使い、無駄なロスを減らすことで実現しました。熱が副産物であるのでいちいち熱を作り出すエネルギーを必要としません。

B)東芝のエネファーム燃料電池

東芝は2009年モデルに改良を加えたより高性能の製品を開発しました。発電効率38.5%で熱エネルギー効率は55.5%です。東芝によると全体効率は過去最大の94%だということです。大阪ガスも先代よりも安い$33363でエネファームを販売しています。東芝は2009年と2010年の間に4000ユニット、そして2011年には6500ユニットを販売しました。

C)パナソニックの燃料電池センター

パナソニックは2011年にドイツにPFCOEをオープンしました。この施設はヨーロッパマーケットにおける住宅用燃料電池の開発に焦点を当てたもので、1999年に製作を開始しました。また、エネファームという最初の燃料電池を1999年に発表し、国内での成功を受けてヨーロッパ進出を決めました。

D)トヨタの燃料電池システム

トヨタ・京セラ・大阪ガスも住宅用燃料電池システムの発表を控えています。このエネファーム・タイプSはエネルギー効率46.5%で住宅用としては最高です。サイズは小さくコンパクトでどの家にも設置でき、アパートにも設置できるように開発を続けています。

E)水素タウンの燃料電池

福岡にある水素タウンは2009年3月から9月の間で31トンもの排ガス削減を実現しました。2010年に発表されたレポートによるとケロシンの消費量が3551リットル減って130000メガジュールの電力消費の削減を実現しました。この水素タウンはエネファームを装備した150件が入った世界最大のコミュニティーです。

Today's Top Articles:

You may also like