敷設したいタイルのサイズを決める方法

新しいタイルセットを設置や古い物を交換する計画を立てる事。 基本的な考慮事項に注意を払ってやれば、うまく行くでしょう。 タイルのレイアウトは非常に重要で、レイアウトに関する基本的な知識を持つ事が必要です。 タイルの模様やタイルを置く角度も最優先されるべきです。

The procedure

考慮すべき多くの基本的な事があり、基本に注意を払い、タイルのサイズとその設置手順を決め、従う必要のある事の基本的な流れに慣れ親しむと、価値あるものになるでしょう。

汚れの無い表面

タイルの敷かれている床は、クリーンで汚れが無いようにします。 外れている所が無いか、古い床の特徴をすべて確認します。 古いタイルの痕跡があると、設置プロセスの妨げになり、タイルを敷き込むプロセスを管理するのが難しくなります。 古いリノリウムの跡や、カーペットや乗りは取り除き、タイルの設置をスムーズにするために、表面を綺麗にしておく必要があります。

どの様な形でも古い床の痕跡がある場合、細い粘着テープが持ち上がる事があり、後の段階でタイルが割れてしまう結果になる事があります。 スクラッパーを使ってこすって表面を綺麗にするのがやりがいのある方法です。床はあなたの夢のしるしを表していて、綺麗な方が良いでしょう。

計測

不用意に扱うと、フローリングの大切な要素を台無しにする計測を、間違って行うわけにはいきません。 計測を正確に行っている時にのみ、タイルの統一したパターンが現れるので、計w句を正確にすることは不可欠です。 計測を行うためにメジャーとチョークが必要です。

計測を行う手順として、初めに床の中央に居る事を確認します。  タイルが置かれる方向に、真ん中を直線で印をつけて下さい。 対角線の模様にする時は、中心点を描いたあと隅から隅へと計測する必要があります。 中心点を探し、正確な位置に重点を置き、常に中心から外側の壁に向かって計測します。 これが主に意味するのは、もし余分なタイルをカットする場合常に外側であり、中央ではないという事です。 このルールを守っていると、間違う事は絶対にありません。

サイズを決める

部屋の中心を知り、前もってタイルのレイアウトパターンを知っておくと仕事がやり易くなり、敷き込むタイルのサイズやパターンを簡単に決めることが出来ます。 基本的なレイアウトパターンは容易に加工することが出来、必要とするタイルのサイズを確定する前に、偽物のデザインパターンで作業することが出来ます。

薄い接着剤を混合する

全ての備品を準備して、あなたは自信を持って、実際のタイル敷き込み作業を開始することが出来ます。 市場には雨水セットの種類が幾つかあり、適切な薄いセットを選ぶために、必要な要件を理解しておくことが必要です。

実際のタイル敷き込みの準備が整ったら、全てのコーナーに平均して薄い粘着剤セットが広がっているか確認します。 ただし、薄い粘着剤セットを広げたとしても、チョークで書いた線がハッキリと見えているかを確認します。 大きなタイルを扱う時は、広い歯のコテが使われているかを確かめます。 これは混合された中に、きちんとしたラインが見えるように必要とします。

小さいタイルには小さなコテを使い、歯は詰まって配置されている事が必要です。 床全体の本質を台無しにする可能性があるので、タイルの間に隙間が残らないよう確認します。 タイルの間に隙間があると、音鳴りの原因となり、後でタイルのひび割れを引き起こす可能性があります。

実際にタイル敷き込み作業を始める前に、全ての備品を用意しておくと、無駄なトラブルを免れるだけでなく、確実にあなたの夢の家をが最高の形で長く残します。 もし家がエレガントに見えるように、何か独創的な物が必要だと感じている時は、提案を受けるには地元の金物屋が最適な場所です。 多くの素材がオンライン上で利用でき、基本を知っている幾つかの有名なタイルブランドのウェブサイトをチェックする事も出来ます。 あなたの家に最良のものを選び、献身的な努力をしてみて下さい。 結果はあなたの努力を証明するでしょう。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top