Home Architecture @ja 建築家が廃墟となった水車小屋を大家族用住居に改築

建築家が廃墟となった水車小屋を大家族用住居に改築

by admin

必ずしも最初から仰々しく設計された建物が素晴らしい建築はとは限りません。建築家の進取的な姿勢によって、現存する建築物がエレガントな建物に変わることもあります。そのような斬新的な設計考察によって、Scottish studio  Rural Design社はジングウォールのバグベイン・ミル・プロジェクトを構想しました。この魅惑的な試みは、4,036平方フィートもある廃墟となった水車小屋を、現代風の家族用住居へ完璧に「再生」することでした。

Bogbain Mill by Rural Design

建築家によれば、それらの設計計画は、現場に支柱なしで立っている壁を利用することから始まりました。実際、囲いとなって立っている壁は既に空間を限定しているため、庭として分類されるかもしれません。

そのような既存の帯状のパターンを利用して、デザイナーは建物を現代風の家に改築することに決定しました。古い壁は、グラス・ファサードのように、その古さと未来的なエッセンスの融合を強調して、新しい構造体と組み合わせて使用されました。このような空間の例としては、ガーデン・ルームやジム、そして車庫などで見ることができます。この建物はカラマツ屋根ふき材と既存の壁の上に上階が増築されました。

最後に、興味がそそられる設計は構造的な範囲に限ったことではありません。前述した庭も住居のまわりの段差のある庭として使用されました。クライアントにガーデニングに対する関心を与えるために、東側の庭のテラスは現場打ちコンクリート壁を用い、隣接している西側の庭は、自然光を取り込むように設計されました。大切に保存された1本の木が光と景観の開放的な戯れを強調しています。

Via: HomeDsgn

Today's Top Articles:

You may also like