環境に優しい家@日本語

エコフレンドリーな大邸宅

最近環境保全意識が高まり、皆がささやかな方法でそれを実行に移そうとしています。例えば誰もがビニール袋を使わないようにして、キャンバス地の買い物袋を使います。シャワーの時間を少なくして、リサイクルを行うようにしています。ただ、もっと徹底的にやりたいという人も存在します。グリーンな家は、非常に一般的になっており、アパートから大豪邸まで多岐にわたります。さて、お金持ちはそれで満足しない人もいます。広大なスペースは環境に優しくはないかもしれないのですが、業者や建築業者は大きな家を建てることをやめません。広いスペースが割かれる代わりに、ソーラーパネル、サステナブルな床、低揮発性有機化合物のつや出し剤からソーラー暖房、冷却パネルなどの環境を守る機能を同じ数だけ加えています。下に挙げるのは、高価ではありますが、環境に配慮した家の例です。

維持可能な素材で作られた温室

研究結果では、2050年までに人口の80%以上の人が郊外の住居や農場を放棄して、都市部で生活し始めると予測されています。多くの人が都市部に来ると、農場も位置が変わってくるでしょう。しかし農業に利用できる土地は少なく、自分が居住する所や家庭菜園や、植物が良く育つと考えられている温室で食物を育てるようになるでしょう。家族を養うための温室から地域を助ける温室まで、私達は色々な報告を受けてきました。ここに8つの素晴らしい温室があり、より良い環境を目指して再利用素材や他の維持可能な素材で作られています。

Scroll to Top