テクノロジー

バイオメディカル機器にサイボーグロブスターから電気を抽出

この間私達が話していたのは、ポツダムのクラークソン大学の研究者達がどの様に生きているカタツムリのブドウ糖から電気に変換したのかという事でした。今同じチームが食物連鎖に進み、ロブスターを使って彼らの体のブドウ糖から電気を生産する実験をしています。勿論それはiPhoneを充電するほどの電力を生産する事はまだ出来ませんが、目的は少なくともペースメーカーやインシュリンの注射器やそれに類する多くのアプリケーションのような生物医療用機器の電力です。

ムール貝の接着力は接着剤のマスター

ムール貝は実際に接着力のマスターであると考えられます。水中でも、いかなる種類の表面に付着することができるからです。ムール貝のこの付着性はマインツの研究者に刺激を与え、革新的な接着剤の研究開発の動機づけとなりました。研究者が設計した新しい接着剤は必要な時には剥がすことができます。長い間、ノリだけが接着が可能な存在でした。しかし、ムール貝が接着剤に急速な変化をもたらしました。これらは飛行機の翼をつなぎ合わせることができるだけでなく、水中でも信頼できる接着剤となりました

フォルクスワーゲン、グリーンテクノロジーに本格的に投資を決定

自動車産業は、化石燃料から脱皮して、グリーン・エネルギー資源へ移行するために最善を尽くしています。世界中の自動車は、ガソリンの使用を減らすためにハイブリッドと電気システムを組み合わせています。有名ブランドの1社であるフォルクスワーゲンでさえ、グリーンテクノロジーに本格的に投資することを決定しました。最近、管理者層が最大なエコのイニシアチブを考え出しました。それは、より効率的で環境にやさしい乗り物の製造のために、開発計画予算の大部分を投資することでした。

Scroll to Top