Home テクノロジー フォルクスワーゲン、グリーンテクノロジーに本格的に投資を決定

フォルクスワーゲン、グリーンテクノロジーに本格的に投資を決定

by admin

自動車産業は、化石燃料から脱皮して、グリーン・エネルギー資源へ移行するために最善を尽くしています。世界中の自動車は、ガソリンの使用を減らすためにハイブリッドと電気システムを組み合わせています。有名ブランドの1社であるフォルクスワーゲンでさえ、グリーンテクノロジーに本格的に投資することを決定しました。最近、管理者層が最大なエコのイニシアチブを考え出しました。それは、より効率的で環境にやさしい乗り物の製造のために、開発計画予算の大部分を投資することでした。

Volkswagen to invest $52 billion in becoming greener

2013年は、人間の生活だけでなく、環境に悪影響をもたらす二酸化炭素の排出を削減するために、ガソリン車より電気自動車に新しく範囲を広げていくという、全面的な変化をもたらす年になります。フォルクスワーゲンは、ハイブリッド車と電気自動車を含め、よりクリーンでより効率的な自動車モデルを開発するために520億ドルを投資することにより、新しいクリーンな方向にシフトしていきます。さらにこれは会社が‘e-up!とブランド名を付けた特別車両の開発費となります。この現在の開発に加えて、フォルクスワーゲン自社の使用目的で、太陽発電や風発電、そして水力発電の開発に7億9000万ドルを投資する予定です。

このプロジェクトによって、フォルクスワーゲンはエコロジーの分野において主要な自動車メーカーの1つになるでしょう。この地位を築いて長期間にわたって持続すれば、いかなるレベルにおいてもグリーンテクノロジーに関して納得力が出てくることでしょう。

Via: Alternativeconsumer

Today's Top Articles:

You may also like