ガジェット

ガジェットもエコフレンドリーに

現在の生活は、一言で言ってガジェットの氾濫です。確かに私たちの生活はある点において、先祖のそれよりも進んでいます。すなわち、生活を便利にするためにガジェットや機器を使うというところです。そこで、エコに対する私たちの責任が重要になってきました。過剰な放射線や、金属とプラスチックが散乱することで、地球をダメにしないかと不安に思っていませんか?そこで、今さら、という感じはありますが、基本的な質問をしてみましょう。ガジェットとは何でしょうか?ガジェットが生活の一部になっているような、テクノロジーファンもいますが、ガジェットは特定の用途を実現する電子機器で、実際とても便利なものです。携帯電話、スマートフォン、MP3プレーヤー、IPod等の持ち運べるデバイスであることもあります。最近ではガジェットなしで生活することが想像しにくいまでになりました。私たちは、人間の要望を満たすように設計された多様なガジェットを持っています。これらのガジェットが発明されたことで、情報へのアクセスが早まり、作業のスピードが上がりました。インターネットには、人が思いつく、ほぼすべてについての情報が存在します。ただここで疑問に思うのは、ガジェットはいいことばかりなのか、あるいは欠点もあるのかということです。ガジェットに依存することを危険視する声もあります。現代的なガジェットに耽溺しすぎると、人々が物質主義的になり、子供たちは非社交的になり怠惰になってしまうという主張です。ガジェットは電気・電子機器廃棄物にもつながります。化学物質や危険な酸類を含んでいて、環境にも悪影響があります。健康にも害があり、動物にも有害です。現代的なガジェットの害から生活を守る解決策があるでしょうか?答えはイエスです。世界はすでにこのステップにむかって動き始めています。電気電子機器廃棄物は、健康被害を減らすため、回収業者を介して廃棄することができます。エコフレンドリーな暮らしを支えるため、エコフレンドリーなガジェットが様々に発売されています。これらのガジェットは、エコフレンドリーな製品を買いやすくなった世界中で人気を集めつつあります。エコフレンドリーなガジェットは、生分解性の高い素材で製造され、環境を損ないません。使う際にも安全で、酸性雨や地球温暖化などの環境問題を減らします。電力を節約する、エコフレンドリーかつ環境にも配慮した製品を下にご紹介します。 Samsung ブルーアース 携帯電話メーカーSamsungは、背面に充電用ソーラーパネルを搭載した、新しいハンドセットを開発しました。この携帯電話は、太陽光にパネルを向けると充電することができます。このハンドセットはリサイクルされたペットボトルのみでつくられています。 ASUS Ecobook このEcobookのカバーは外側が竹製で、内部には表示付きのリサイクルプラスチックを使っています。塗料やスプレー塗装は使われていません。内部のコンポーネントは、厚紙の上に載っています。 ソーラー稼働のWi-Fi 太陽光を動力源とするWi-Fiが、米国コロラド州ボルダーで発売されました。充電時間は5時間で、主に遠隔地に携帯したり、予備のWi-Fiとして利用できます。 EcoNav GPS デバイス EcoNav GPSデバイスは、軽量かつ現代的でポケットに収まるサイズです。有害な排出ガスの抑制に使えます。 Today’s Top Articles:

デザイナーが電気を使わないアコースティックiPhoneスピーカーを創る

非常に少数の人には、趣のある蓄音機からさり気なく突き出た時代遅れの金属ホーンに心地よい思い出があるかもしれません。しかしその楽しいS字形はまだ流行遅れではありません。少なくともアコースティックiPhoneスピーカードックには使われています。ライアン・ボースによる設計で、この音楽システムはアンティークな蓄音機を追想する要素と現代の iPhoneの今風の魅力を楽しく融合させたものです。

ひねりを加えた読書:瞬きでライトを点滅させる

色々な人が色々な方法でアースデイ(地球の日)を祝いますが、義務的に1時間電灯のスイッチを切るだけの人が多い中、もう一歩踏み込んで自分達のやり方を示す努力をしている人達もいます。ランディ・サラファンが真剣にエネルギー保全を考えているかどうかはさておき、彼の作品に皮肉が込められているとしたら、私達全員間違いなく瞬きするように電灯のスイッチを点けたり消したりする遊びが大好きです。あなたの瞼が電流を制御するスイッチとなります。その実用性には疑問がありますが、そのアイデアと実践はかなりクールです。

EGスクリーン:発展途上国の幼児に携帯用聴力診断装置を

発展途上国に住む貧しい人々の健康基準を支える事に私達誰もが無関心でした。教育やお金やインフラへの取り組みはには努力していても市民の健康や福利は置き去りにされています。産前産後の適切なケアが欠けていたために栄養失調の子供達が生まれ、この子達は生まれながらに生命力が失われています。完全失聴はこのような問題の一つで発展途上国に広がっており、特にアフリカが深刻です。国々や個人がこの問題に取り組むのを援助しようと決心したジサン・パークは幼児の為の携帯式聴力診断装置、EGスクリーンを考案しました。

Scroll to Top