英国、アイスランドの地熱発電による電力の使用をすぐにでも開始

再生可能エネルギーの範囲というものは、一度使ってしまうととどまることがありません。人々は再生可能エネルギーを持続可能な産業を創り出す実用的なものと思い、その存在は全体的に重要な部分となります。これに関してギリス政府は、いみじくもある場所に低炭素パワーの発電所を建設して、それを数千マイルも離れた場所で使用しようとしています。情報筋によれば、エネルギー担当大臣チャールズ・ヘンドリーは、アイスランドの豊富な地熱発電を英国に供給するための取引を終結させるためにアイスランドを訪問する予定です。

Iceland's volcanoes may power UK

明らかにアイスランドは世界の国々より国境の概念がなく、プロジェクトは意欲的なように見えるかもしれません。そして意欲的なのは、「連結管」として知られている1,000〜1,500kmの海底ケーブルを通して接続する必要があるからです。大規模なエンジニアリングの偉業をほのめかして、ケーブルは1キロメーター毎に約800トンの銅が使われると推測されます。

もっと広い視点から見ると、蜘蛛の巣のように張り巡らされたこの巨大な連結管は、アイスランドと英国に制限されているわけではないようです。実際、今後十年間くらいで、ケーブルはヨーロッパに連結する計画があります。例えば、積極的な提案の実行許可が出ると、「スパー・グリッド」を形成するためにヨーロッパと英国が繋がります。このプロジェクトは、風、波そして太陽光装置などのような再生可能な電力のシステムを含みます。別の実例では、英国は、フランスのFlamanvilleで構築されている新しい1.6GWの原子力発電所から長距離で供給を受けます。

そして最後に、長い目で見れば、持続可能な電力消費の良心的な信任以上に、実は英国を助けることができます。石炭の高い放出性質に加えて北海の油とガスの減少により、イギリスにとって残されている選択肢は外国から電力を輸入することだけです。

.

Via: Guardian

Today's Top Articles:

Scroll to Top