三菱、スマート・グリッド実証実験プロジェクトが始動

スマート・グリッドには、接続されたすべての住宅や商用施設にスムーズに電源を供給するキャパシティーがあります。現在このようなシステムは、高額で小規模な範囲でのみ実施されています。日本の複合企業・三菱は、工場設備においてEVの充電式電池の電力需要水準測量に使用するM-tech Laboと呼ばれるスマート・グリッド・デモンストレーション・システムが完成しました。豊田工業大学がプロジェクトに諮問的な役割を果たしました。

EV-Smart Grid Demonstration Project

M-tech Labo は、日本のスマート・グリッドの先駆的存在である4社のうちの1社で、このシステムが滑らかに断えることのない電源供給において、どれくらい改善できたかを実証することを目的としています。電力需要が低い夜間に充電したり、会社や工場が必要な時に使用できるように、グリッドで再充電式バッテリーに再生可能エネルギーを充電したりすることによって違いが表れるでしょう。

三菱商事、三菱電機株式会社、そして三菱自動車株式会社がこのシステムシステムの構築と操作に従事しています。これら3社すべては、EVが使用する再充電バッテリーを使用することによって、非常に高価な専用バッテリーの代わりにスマート・グリッド・システムを設定するコストを安くできるであろうという見解です。3社は、CO2排出量を削減し、エネルギーの必要量を満たすことができる持続可能な社会的な省エネルギー・システムにできると期待しています。

今年、三菱グループはM-tech Laboで最大50kWの電力を使用するMMC名古屋プラントの管理棟で、電力フラクタルの縮小を実証する予定です。目標は、180kWの電力フラクタルの33パーセント縮小する予定です。さらに輸送手段としてEVを使用しながら各電気自動車の利用可能な開放できるキャパシティーのデータを集めることにより、EVの電気自動車総合システムを構築していきます。

Via: Mitsubishicorp

Today's Top Articles:

Scroll to Top