処理木材の化学的溶解の防止にナノテクノロジーを使用

木材はかつて自然の豊富さとその耐久性により、長い間建築資材として使用されてきました。今は永続性があるように、ある工程を施されています。加圧処理方法における木材への化学薬品の使用は、化学薬品が家を害虫やその他の生物から守り、それによって木材の寿命を20年以上も長持ちさせることができます。しかし、加圧処理された木材は、話が違ってきます。時間とともに、生命体や環境全体にとって有害になりうる化学薬品を浸出するのです。この点に関して、Michigan Technological University(ミシガン・テクノロジカル大学)の科学者は木材内部から化学薬品が浸出しないためにナノテクノロジーを使用したシステムを開発しました。

Keeping Wood Preservatives Where They Belong

このプロセスは、木材に防腐剤を浸透させるためにナノ粒子を使用します。科学者によれば、実験では浸出を90パーセントも抑えることができました。ナノ粒子はゼラチンやキトから構成し、小エビと甲殻類の貝から見つかった材料です。小さな球体はテブコナゾール(殺菌剤)を包囲する作用をするために化学修飾されます。

良いニュースは、ナノ粒子は小昆虫やその他の生命体を保護するために浸出することを防いでいますが、木材の寿命を伸ばすために標準的な加圧処理を行なえばよいということです。ただ一つの違いは、使用される化学薬品が外に浸出しないということです。結果として木材は、昆虫と腐敗において従来のプロセスで処理されたものと同じくらいの強度があります。

科学者は現在、ハワイの暖かい国で見つけられた木材をテストしており、彼らの技術が同様に適用できるかどうかを確かめています。この新しい発明により、木製品を愛する人たちは、天然材料を使ったインテリアの内部から浸出する有毒化学物質を吸い込む心配がなくなるでしょう。

Via: MTU

Today's Top Articles:

Scroll to Top