Home Uncategorized サルティーヨタイル:環境に優しいタイル

サルティーヨタイル:環境に優しいタイル

by admin

基本に立ち返ること、この場合も環境に配慮した方法を使ってそうすることが、今の自家所有者たちの間の流行のようです。素朴な風合いの家と家周りを好む自家所有者たちは、インテリアをデザインする所からタイルを敷く所まで、田舎風の魅力を加えるだけでなく環境に優しい安全かつ無毒性の素材をくまなく探しまわります。そんな素朴さが魅力のエコな素材の1つがサルティーヨタイルです。低価格で美しく環境に優しいこのタイルは夏休みの暖かい日々を思い出させてくれます。

Eco Friendly Saltillo Tiles

サルティーヨについて

サルティーヨは無公害のタイル素材で、鮮やかなイエローや燃え立つようなオレンジそしてくすんだレッドの縁がざらざらとしたテラコッタです。暖かみのある手作り感とユニークな作風のこのタイルはメキシコのコアウイラ州サルティーヨ市原産ですが、元はスペイン人がメキシコへ持ち込んだものです。メキシコの通りを歩けばその美しさや古風で素朴な魅力に目を奪われるでしょう。このタイルは多目的に使用できるため、伝統的なスペイン風のテイストをインテリアに与えてくれます。

サルティーヨタイルの形状とサイズ

このタイルには、スーパーとレギュラー2種類の基本形があります。スーパーサルティーヨタイルは縁や角に丸みのあるもの、レギュラーサルティーヨタイルは縁や角が直線のものです。この形は木製の枠に粘土を手で押し込んで作るか、単純に思い描く形を切り出して作ります。このタイルには6インチから22インチまで各種サイズが揃っています。

サルティーヨタイルの製造方法

サルティーヨタイルは土中から掘り出した原料のサルティーヨ粘土を使用して製造します。タイルを製造するには、まず地面に掘った穴の中に粘土を入れ養生のために水を足して粘土を湿らせます。粘土の養生が終了したら手作業により形成し、天日干しにします。そして窯で36時間、超高温で焼き固め32時間から36時間冷却します。天日干しの工程中コヨーテやニワトリまたは犬などがタイルの上を横切ることがあり、いくつかのタイルの上に足形を残していきます。この足形が現地産のサルティーヨタイルを買ったという証明になるのです。

サルティーヨタイルの種類

サルティーヨタイルには3種あります。

トラディショナルサルティーヨ

Traditional Saltillo Tiles

テラコッタタイルとしても知られており最も原型に近く、最も伝統的なタイプのサルティーヨタイルです。製造工程中、手作業によってプレス加工するため比較的なめらかな感触に仕上がります。形状はスーパーとレギュラー、色味はテラコッタレッド、ゴールド、オレンジそして明るい色合いのイエローとクリームが揃っています。

マンガンサルティーヨ

Manganese Saltillo Tiles

このタイルは伝統的なテラコッタタイルの様ですが、伝統的なものとの違いはその製造工程です。このタイルの製造中には湿潤粘土に粉末状の二酸化マンガンを加え混ぜ合わせます。この結果テラコッタ色の床に比べてブラウンが勝った床に仕上がります。手作業のプレス加工により比較的なめらかな感触です。形状はスーパーとレギュラー、色味はライトブラウンとダークブラウンのテラコッタにダークカラーの渦巻き模様が入ります。

アンティークサルティーヨ

Antique Saltillo Tiles

トラディショナルやマンガンとは全く異なるタイプです。このでこぼこのタイルは表面を引っ掻いたり型押ししたりすることにより使い古した感じをだしています。このタイルは滑りやすさが心配材料になるような場所に最適です。

サルティーヨタイルが適する場所

サルティーヨタイルは温暖な気候の土地に適しますが、汚れが落ちづらいため出入りの多い場所については定期的にうわぐすりを塗り直す必要があります。スイミングプールの周りにも良く合いますが、その場合はタイルの吸水性と速乾性を利用してうわぐすりを塗らずに使用します。サルティーヨタイルは凍えるような気候には適していません。霜が降りるような土地は避けたほうが良いでしょう。また、汚れが落としにくいことからシャワー室の壁にも適していません。

サルティーヨタイルの張り方

このタイルは非常に多孔質なためタイル張りがやや困難です。サルティーヨタイルは通常へこみと空洞があるため、踏んだり軽くたたいたりすると空洞に響く音がします。このタイルを張る唯一の方法はへこみ部分に接着素材を塗り足し漆喰にはめるやり方です。

結論

大自然の恵みと製造工程が作り出すサルティーヨタイルは自宅を美しく飾るのに最適な素材です。そんなタイルの特徴が、地球のために自分ができることをすると同時に環境を守るための取り組みを推し進める自身の姿勢を示してくれます。

Today's Top Articles:

You may also like