Home Fashion @ja エコファッション、ニューヨーク ファッションウィークで有名に(1)

エコファッション、ニューヨーク ファッションウィークで有名に(1)

by Ecofriend1874


新しいエコなデザインが、ニューヨーク ファッションウィークを揺り動かす
“エコで行こう!”というのが、ニューヨーク ファッションウィークが開催されている間、そこに参加したデザイナーたちのモットーでした。ファッションのトレンドが変わっている中、ファッション業界の専門家や、有名なデザイナーは、観客に愛されている、環境にやさしいファッションに力を入れています。ファッションウィークの期間中、モデルたちも、環境にやさしい配慮をされた、新しいデザインを見て興奮していました。ファッションデザイナーたちは、環境を倫理的に守るのに一番ふさわしいというコンセプトで、新しくデザインをしたと述べました。ニューヨークでのファッションウィークの期間中、キャットウォーク上でモデルたちによって、より多くのエコなデザインの服がお目見え。ファッションショーの期間中そこに出席したファッションデザイナーの多くが、今年は何か新しく、わくわくするようなものを創り出したかったと述べ、その結果、環境保護を基に、新しいラインを創り出した、と述べました。
この新しいコンセプトについて、ファッションデザイナーは?
そのショーにいたデザイナーたちによれば、布地を、一番自然の材料から作り、それを今回の服に使用したとのこと。いくつかのファッション雑誌の取材で、デザイナーたちは、これからも環境にやさしい、エコな服をデザインし続けると答えました。 また、その今回のエコな服を作るにあたっては、コストも削減でき、簡単に製作できたとも言っています。

著名なファッションデザイナー、たとえばニーナ・スカラがデザインしたような服は、生分解性で、竹、シルク、ウールやエコレザーといった、自然から取れる素材でできています。ニーナによれば、オーガニックコットンや、大豆といった素材からも、コレクションの服を作ったとのこと。ニーナと共に、キンバリー・オヴィッツは、自然で環境にやさしい、男性服のコレクションを発表しました。オヴィッツは、コレクションの服を作るのに、耐久性のあるテンセル生地を使用した、と述べました。
このファッションウィークの間、有名なブラジルのデザイナーが、魚の皮、廃棄されたミルク、リサイクルされた野菜の染料を使って環境にやさしい服のコレクションを作り、発表しました。デザイナーのオスカー・メトサバットは、環境にやさしい服のデザインは、ファッション業界で起こりうる最善のことだと言っています。
エコな洋服の未来は?
ファッション業界の専門家たちは、ニューヨーク ファッションウィークの期間中、著名なデザイナーたちによる、環境にやさしい服のコレクションを見ることができて、それらはとてもよく、わくわくさせてくれるものだった、と述べています。専門家達はまた、近い将来も、こうした環境にやさしい服はますます流行るだろうと言っています。

Today's Top Articles:

You may also like