ソーラーパネルの取り付け方、徹底解説

再生可能なエネルギー源に移行していくことは必要不可欠なことです。太陽光発電は、なくならないエネルギー源を提供する代替としては素晴らしく、ソーラーパネルでつくった電気で動かす家電を使うこともできます。このエネルギー源を使うと、電気代を劇的に減らすことが可能です。下のステップは、ソーラーパネルをインストールするために知るべきことをご紹介しています。

難易度:中程度

所要時間 :約3時間

見積もり:リーズナブル

必要なリソース

1. ソーラーパネル

2. プレキシガラス

3. 銅管

4. 黒い塗料

5. のこぎり

6. ドリル

7. ねじまわし

8. 木ねじ

手順 :

1. ソーラーパネルは採光が最大になる場所を選択します。その中から、ソーラーパネルを設置したい場所を決めます。設置場所とその向きが、最も重要な検討事項です。直射日光のあたる場所を見つけたら、取り付け場所を細かく決めます。

2. プレキシガラスでパネルに封をし、中に水が入り込まないようにします。黒の造池用ポンドライナーは、最高の太陽光吸収材です。ポンドライナーは、パネルを黒く、防水にします。

3. 細いシリンダー型が、最も効率が良く、一般的な種類のパネルです。このシリンダー型は体積に対する表面積が最も多いので好まれています。細いシリンダーに代わるオプションは、ベニヤのタンクをつくることです。

4. ソーラーパネルに接続したい電化製品を取り付けます。パネルのサイズに応じて、電球、ファン、クーラー、ヒーター、ドライヤー等を接続することができます。稼働させる電化製品の数を増やしたい場合、大型ソーラーパネルを取り付けてください。太陽光電力を使って、庭やアパートの通り道に街路灯をともすことができます。この方法で、必要のない電気代も劇的に節約できます。ソーラー温水器の取り付けには、配管の調整とパイプが必要です。この配管は、家庭から通常の温水器に流れ込むはずの水をソーラー温水器に届けます。ソーラー温水器の上部からパイプを接続し、自宅の通常の温水器に戻すようにしてください。通常の温水器は、ソーラー温水器で温められた水の貯蔵スペースに使えます。

5. 次のステップはパネルの内側を黒く塗りつぶすことです。強い日差しにも耐えるよう、特にパイプは入念に数回塗装をしてください。黒は日光を最大に吸収する色なので、最も熱を蓄えます。熱と電気を素早く伝達するには、黒が最高です。

6. プレキシガラスのアクリル樹脂板でパネルを覆ってください。通常のソーラー家電であれば、パネルは使用準備完了です。ソーラー温水器であれば、アクリル樹脂板の端に小さな穴を慎重に空けてください。アクリルはもろいので穴がねじよりも大きくなるようにしてください。内側のパイプを断熱するパネルの上部と穴を細い木でつなぎます。アクリルがつながったら、パネルは取り付けできるようになっています。一番上のパイプは入ってくる水、下は出ていく水のためのものです。

7. 自作のソーラーパネルの反射にはガラスが適しています。

注意事項

1. パネルは南向きに取り付け、最大の採光が期待できます。

2. 夕暮れから2時間はパネルに触らないようにしてください。この規則は必ず守ってください。このパネルはこの時間極度に熱くなるためです。

3. 通常の家電をソーラーエネルギーで動かすには、パネルはon/offモードに設定できる必要があります。パネルの出力ボタンを付けたら、家電を使えるようになります。ソーラー温水システムの取り付けはポンプを必要としません。通常の温水器からの水圧が十分にあれば、ソーラー温水器も使えます。

Today's Top Articles:

Scroll to Top