Home Uncategorized 自律走行車は2020年までに完成する、とGM前役員

自律走行車は2020年までに完成する、とGM前役員

by admin

運転者不要の車が今世界に嵐を巻き起こしているようです。まだヨチヨチ歩きですがコンセプトは成功し人気があります。グーグルの様な企業はトヨタプリウスやアウディTT等の車で彼らの技術をテストし始めていて、印象的な結果を得ています。欠陥を調整するのにまだ暫く掛かりそうですが、元ジェネラルモーターズ役員の見解ではこの技術は2020年までに完成して私達を驚かせるだろうと言っています。

Self-driving cars by 2020,

前GM R&D社長ラリー・バーンズは、通勤者は1日約60~90分は車の中で過ごしていて、その無駄な時間を人々に返すのが目標だと言っています。ハイテクシステムの自律走行車に乗る事でこれを達成することが出来ます。これをスマート交通システムと組み合わせると、未来の車は交通渋滞や交通事故を1日で解決することが出来ます。

自律走行車は殆ど遠い夢のように思えるかもしれません。しかし私達には。これを全て可能にする新しい構成要素を発明し構築する技術があります。レーザー、コンピュータ、レーダー、センサー、カメラを使用すると現在のプロトタイプは非常に有能で、問題のある地形を誘導し交通信号に従い道路上の歩行者や障害物を確認しています。

この試作品は今はまだ開発途中で、車の機能を監督するオペレーターを必要としています。しかし人間による干渉は最小限で、車が自律走行できない状況を運転者が処理する構成になっています。例えばセンサーが故障しまたは失われた時、システムが運転者に知らせ運転者が制御することが出来るのです。

これらの未来の車は車の運転に補助が必要な人には便利です。発売当初は特にターゲットが高齢者や視覚障碍者、身体障碍者になるでしょう。この技術はまた、若者や経験の浅い運転者が車の操作するコツを学ぶにも良いかもしれません。

Via: オートガイド

Today's Top Articles:

You may also like