Home DIY @ja DIYソーラーパネルの作り方

DIYソーラーパネルの作り方

by admin

ソーラーパワーのような再生可能エネルギー源を利用することは、高騰する光熱費を削減するよい選択肢です。ガス・電気・水道料金を削減して、炭酸ガス排出量を減らすことができます。ソーラーパワーは、太陽電池システムのソーラーパネルによって生成されます。ソーラーパネルは太陽電池に接続しているパッケージのことです。太陽エネルギー装置の価格は手頃になってきています。DIYソーラーパネルは、市場に出ている設定済みのパネルより、かなり安い金額で購入することができます。必要なのは基礎的な道具と正しい知識だけです。下記は自分でDIYソーラーパネルを作るステップです。

Building your own solar panels

設置位置を選び、必要な道具を準備

DIYソーラーパネルを設置する第一歩は、1日中、日光が当たる場所を見つけることです。直接太陽光を吸収している限り、ソーラーパネルは有効に作動します。ソーラーパネルの動作に影響を与える枝や窓のような障害物がない事を確認してください。障害物を避けることができない場合は、設置器具を使用してソーラーパネルを傾ける方法もあります。DIYソーラーパネルの位置を決定したら、次のステップは、DIYソーラーパネルを作るための道具を準備します。工程において基礎的なツールは次のとおりです:のこぎり、ドリル、ドライバー、シリコーン・コーキング剤、木製用接着剤。ソーラーパネルの配線に必要な道具は次のとおりです:ワイヤーカッター、ワイヤー・ストリッパー、はんだごて、そしてハンダ。これらの道具は近隣の金物店で購入できます。

太陽電池の入手と木枠の作成

太陽電池は、インターネットで簡単に安く購入することができます。太陽電池は一般的に、36枚、100枚または108枚のセットで販売されています。グレードがB以下の質の悪いセルは、高品質のセルよりエネルギーの生成率が低いので購入しないでください。DIYソーラーパネルの太陽電池は、容器を造って一つにまとめます。ソーラーパネル用容器を作るために適した材料は木材です。チーク材または杉のような硬材を使用して長方形に作ります。長年使用することができるように木材防腐剤を塗ります。パネルのサイズに合うようにガラス繊維断熱材をカットして、熱が逃げるのを防ぐために設置します。アルミホイルを断熱材の上部に光る面を上にして置くと太陽電池に熱を反射します。ドリルとドライバーで太陽電池を木枠に固定して、プレキシガラスかレキサンを使ってカバーします。

配線と太陽電池の取付け

木枠に太陽電池を適切に固定したら、次のステップは太陽電池を配線接続します。標準3×6インチの太陽電池で0.5ボルトの電力を生成します。ほとんどの人は18ボルトの電力を生成できるソーラーパネルで1つ当たり36枚の太陽電池を好んで使用します。セルを接着する前にタブをはんだ付けしてください。セルを購入する場合、既にタブ付されているものは少々価格が高いのですが、配線が簡単です。パネルは生成された電力が1方角のみに流れるようにダイオードにはんだ付けします。ダイオードが設置されていない場合、日光がないときに、電力はバッテリーからソーラーパネルへ逆流することがあります。ダイオードの代用になるものはチャージ・コントローラーで、ダイオードと同様の機能を果たします。配線が完成しらた、太陽電池にシリコーンを使用してコーキングします。セルを取付ける場合、過度にコーキングする必要はありません。木材を使って作成したフレームは外気温によって膨張や収縮するので、過度にコーキングすると木材と太陽電池の接着面の破損の原因になります。

DIYソーラーパネルの最終チェック

DIYソーラーパネルの最終段階は、木枠の底にドリルで穴に空けてワイヤーを通します。穴は湿気が入らないようにコーキングします。プレキシガラスを木枠に堅くねじで留めます。家に電気配線の接続をする前にソーラーパネルをテストしておけば、後で発生する問題を防ぐことができます。電圧計にソーラーパネルを接続して試験を行います。電圧計が18〜20ボルトを示していれば、ソーラーパネルの太陽電池の数に基づいた電力を生成していることになり、ソーラーパネルは順調に作動しています。

 

You may also like