破損した壁面軽量コンクリートブロックの交換方法

壁面軽量コンクリートブロックは本来は建物の土台に使われるものですが、ガレージやその他の建築部にも使われることはあります。耐久性には優れていますが、たびたび破損することも珍しくはありません。ひび割れなどは時間が経つにつれて水漏れを引き起こしたり、壁や屋根にもダメージを与えてしまいます。この水漏れは家の土台に影響を与えてしまうのでなるべく早く対処する必要があります。壁面軽量コンクリートブロックに染み込んだ水は繰り返し凍結していきます。このことによりブロック内の組織が引っ張られ、そのうち壊れるという仕組みです。ですから、実際にひび割れを見つけたら部分的に補修するのではなくて丸ごと取り替えるのが一番です。このことによって熱を逃がしたり水が漏れたりすることを防ぐことが出来るのです。

破損した壁面軽量コンクリートブロックの取替え方法

パイプとワイヤに気をつける

取替え作業を始める前に、まず該当部分のブロック内にパイプやワイヤが通っていないかを確認する必要があります。こちらにもダメージを与えてしまうと、仕事が増えるだけでなく安全性にも影響してきます。たいていの場合はブロック内にパイプやワイヤは通っていませんが、万が一見つけた際は配管工や電気技師などの専門家に作業を依頼するところから始めましょう。

古いブロックを取り除く

下調べを終えたら、ハンマーかノミを使ってブロックを取り除いていきます。当然のことながらハンマーで他のブロックに傷をつけないように気をつけながら進めていきます。モルタルを出来るだけ多く削り出しながらブロックを除去していくようにします。破損しているブロック部を取り出して、開いたスペースを綺麗に掃除し新しいブロックの入るスペースを準備します。ブロック挿入後はモルタルで仕上げます。

接合ビーム(梁)

破損した壁面軽量コンクリートブロック内に接合ビームがある場合は少し厄介です。この梁は通常ブロック同士をつないで強化するために使われれ、鉄製の場合がほとんどです。しかも壁一面にわたって伸びていることがほとんどで、これに当たると本当に面倒です。まずはモルタルを削り出し、取り替える際のスペースの確認をするのですがその際もモルタルが鉄製ビームにこびりついてしまうので簡単にはいきません。もし上手くモルタルが除去できない時は、特殊カッターでビームの一部分を切断することで強化構造自体には大きな変化をつけずにブロックの取替えをすることが出来ます。

ホームセンターに行く

取替え用のスペースが確保できたら、モルタルを作り出す材料が必要になります。およその材料はホームセンターですぐ手に入り、水と材料を正しい分量で混ぜてモルタルを練り上げて行きます。練りあがったら、新しいブロックの入るスペースの接合部分にやや多めに塗っていきます。また、つめ木を使用してブロックがまっすぐ収まるようにする必要があるかもしれません。サイズの合ったつめ木を選び、ブロック上部にある穴に入れます。

最終ステップ

ここまで来たらあとは新しいブロックを実際に壁に埋め込むだけです。そのあとはモルタルで隙間を埋める処理をしますが、この際プロ仕様の道具を使用するときれいな仕上がりが期待できます。一連の作業で環境に悪影響を及ぼすことはありませんし、古い破損したブロックは再利用が出来る場合もあります。

Today's Top Articles:

Scroll to Top