Home 芸術 Stefaan De Croock氏が圧力洗浄で苔に芸術作品を作成

Stefaan De Croock氏が圧力洗浄で苔に芸術作品を作成

by admin

「圧力洗浄」という言葉で、何が思い浮かびますか?多分、周囲の掃除を行うことでしょう。しかし、芸術家のStefaan De Croock氏は、芸術の作成ツールとして圧力洗浄機を使用したのです。彼は最近、ベルギーのルーヴァンにあるこけの生えた壁に圧力洗浄機を使って「Reverse Art」と呼ばれる作品を作成しました。よく見ると、ルーヴァンのSTUKアートセンターの外壁のCroock氏の壁画は、なんとなく複雑なミステリー・サークルに似ています。少しさがってみると、苔の模様が見えてくるでしょう。

Reverse Art

彼のReverse Artは、翼を伸ばしている1羽の猛禽や都市の風景画など、すべての種類の場面を描きます。しかし、才能のあるベルギーの芸術家はそれだけに止まりません。キャンバスに描かれた彼の作品は非常に細かく、キュービズムをヒントにした落書きにも似ています。

苔の芸術は新しい概念ではありませんが、その人気は上昇しています。芸術家は芸術作品を作成する様々なメディアを捜していて、苔芸術はすぐに新時代の芸術になりました。生きていて成長しているものを使用するだけでなく、何かを作成するために使用することができます。

Croock氏の絵画はカフェテリアの壁を飾っており、現代的で申し分ありません。同時代のデザインは、面白くて刺激的な作品となるように、未来的な概念に少し古典的芸術を融合させています。彼のテーマは、人の周りにある機械や、いかにテクノロジーが人間の生活や生き方に影響を及ぼしているかです。

彼の作品の多くは個人や企業に受け入れられ、彼の作品がベルギーの商店の壁に飾られているのを見かけても不思議なことではありません。グラフィックデザイナーとしての彼の作品は、立体的に仕上がるように次元の層を組み合わせる美術作品にも反映されています。完成作品は見る者側に注意力が必要で、彼のライブパフォーマンスは事実のテスタメントであり、大衆はその描画がどのようにして1つにまとまっていくのかを楽しみに見ています。

Via: Enpundit

Today's Top Articles:

You may also like