リサイクルされた材料からつくった、エコ大理石床タイル

エコ・フレンドリーな床は、あなたの家のデザインや改修をする際に取り入れたい最良な手段の一つです。タイル、竹、再利用された木、石、コルク、リサイクルガラス、リサイクル金属、地球に優しい木材、リノリウムなど多くの環境にやさしい床材があります。あなたのお部屋に美しいエコ床を持つことは、環境保護だけではなく、あなたの家族の健康にもよい影響を与えます。これらの床材は環境にやさしく、しかも適正価格といえるでしょう。また、この分野での技術は常に進歩、改善し、新しいアイディアが生まれています。

それらの中で、リサイクルされた材料から再資源化された、エコ人工大理石床タイルについてご紹介しましょう。

エコ人工大理石床タイルの利点

エコ大理石床タイルは、快適な床材であり、あなたの家に豪華でモダンで独特な雰囲気を醸し出します。歴史を振り返ると、大理石は華麗さと富の象徴です。宮殿など、人類の歴史のなかでも素晴らしい建築物の装飾に使われています。エコ人工大理石床タイルは、あなたのお部屋により洗練された空間を与えることでしょう。

しかも、このタイルは、耐久性に優れています。家を設計、または改修する際、エコ人工大理石床タイルを一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

おそらく長持ちでお手入れが簡単という意味では、最高の投資なのかもしれません。

また、このタイルは、色、スタイル、パターンやデザインなど、種類が豊富なため、部屋や家のインテリアに合わせて簡単に調整することができるのも人気がある理由です。様々な色合いの大理石がありますが、天然の素材なので、すべてのタイルは若干異なります。別名「Marbleized」と呼ばれる脈は、大理石の外観の特徴となる小さな色線です。また、大理石の光沢のある表面は、光が反射して輝きます。この大理石がしばしば有名な彫刻作品に好んで使用された理由の一つに、少し半透明な大理石の品質にあります。床に使用された明るい色の大理石は、光を通して部屋を照らしだします。光の角度によっては、床がまるで輝いているようにさえ見えます。暗めの大理石でさえ、反射した光の加減が素敵に見えるでしょう。

もし、多少ラフな表面のタイルにしたいのならば、「タンブリング」することができます。これは、故意に使い古した感じを出すためにするプロセスです。フラット、サテン、または、マット感を出すことができます。大理石は汚がつきやすいのが欠点ですが、この処理をしておけば汚れが目立ちませんので、行き来が多いエリアやタイルのコーティングが取れてしまっても安心です。

また、光沢のある、滑らかな人工大理石は環境に優しい床です。生態分解可能なタイルは、自然汚染にもなりません。施工は簡単で、正しく設置すれば、とても壊れにくいです。

人工大理石は、熱伝導率が低く、暖かい地方では、家の中を涼しく快適に保ちます。

以前は、巨大な大理石しか手に入りませんでしたが、今は取り扱いやすい形で入手できます。モザイクやパターンを駆使して、お部屋をデザインしましょう。

人工大理石の欠点

人工大理石は高価です。

人工大理石のタイル張りの床は、行き来する人が多い場所や、バフやポリッシュの研磨処理によって、くすんできます。

その為、もう一度コーティングが必要になってきます。人工大理石は、適切なクリーニングとメンテナンスが必要です。塩素を含む洗浄剤を使用しないこと、また、酸性洗浄剤も大理石の光沢を鈍らせる事になります。環境に優しい大理石の洗浄剤選びや復元や修理は、あなたの健康や環境を保護することに繋がります。知識を持った消費者として、環境に安全な大理石メンテナンスを提供する会社を選びましょう。

人工大理石は、ユニークな色合いでその洗練された光沢が魅力です。しかも、取り付けも簡単で耐久性もあります。どんな装飾様式にもうまく調和します。さらに、その磨かれた滑らかな表面は、お部屋をエレガントな雰囲気にします。時を越え、いつの時代も美しく耐久性のあるエコ大理石をぜひ、あなたの家の床の一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

Today's Top Articles:

Scroll to Top