Home Uncategorized 廃棄された貨物コンテナをホワイトクレートが再活用、トレンディな空間へ

廃棄された貨物コンテナをホワイトクレートが再活用、トレンディな空間へ

by admin

わたしたちの殆どが、貨物コンテナというのは出発点から目的の場所へ配達するために必要な、商用の積み込み用具としての役割しか考えません。一度使われたら、いくつかの場所に捨てられ、取り残され、忘れ去られています。しかし、環境保全や住宅建築費用の高騰などの関心が高まるにつれ、人々はかつて廃棄物と見なしたものをもう一度再考することになりました。貨物コンテナは一つの住宅ソリューションとして見られることが増え、デザイナー達は、様々な用途に使うことができる、多目的スペースとして貨物コンテナを変換させています。イギリスにあるホワイトクレートという会社は、クライエントに対して、トレンディなワーキングスペースを提供しています。貨物コンテナを利用して、チケットブースやミニ小売店、図書館やバー空間さえ作ることができます。

Up-cycled designs give life to discarded containers

貨物コンテナは非常に用途が広いですが、完成した製品はコンテナ以外の何者でもありません。創造性とノウハウを働かせれば、こうした何の特徴もないスペースがトレンディでハプニングを引き起こす場所に簡単に変化する可能性があります。再活用プロジェクトでは、貨物コンテナは、殆どすべての目的に適し、それぞれに合った調整することができるのです。

ホワイトクレートの再活用プロジェクトは、レンタル、または購入どちらでも可能です。ミニ小売りスペース、もしくは舞台のスペースを探している場合のどちらでも、ホワイトクレートは特徴に応じて自社コンテナをカスタマイズしてくれます。

ホワイトクレートのあるプロジェクトでは、企業のホスピタリティスペースとしてコンテナを使った方法です。その成功したプロジェクトでは、2つの40フィートからなるコンテナをつないだ構造で、古いコンテナをトレンディなセットに変えるために、窓を作り、また特注の照明を設置し、高品質の材料を使用しました。

ホワイトクレートは、3つのタイプのスペースを提供しています。:10フィートのもの、そして20フィート、40フィートのサイズのものです。一番小さいものはドロップダウンし、折り畳むことができる天蓋状になっており、そして20フィートより大きいプラットフォームのものは双方向に折り畳むドアデザインを採用しています。これによってコンテナの片方が全開しているときに、もう一方の短い方の端を収納スペースとして利用できます。40フィートのものは、一方で十分広いスペースをもち、ガラス張りのユニットを使って完全な個室空間を特徴としています。

デザインコット/ インハビタより引用

Today's Top Articles:

You may also like