模造のクラウンモールディングの設置ガイド

家主として、自宅を更に美しくしたり改造したいと思う事があるかも知れません。方法としては、ドアノブの交換から天井にクラウンモールディングお設置するなど様々です。クラウンモールディングは、 家の印象を劇的に変化させ、今まで以上にグラマラスな空間を作り上げます。クラウンモールディングは人気のある商品ですので、様々なメーカーが価格効率の良い模造のクラウンモールディングを製造しています。ここでは、そのクラウンモールディングの設置の仕方を説明します。

Faux wood crown molding

必要なもの:

1. 電動の留め継ぎ用のこぎり

2. 木製のパテ

3. 糸のこ

4. 間柱センサー

5. 巻尺

6. ネイルガン

7. コーキング

8. 水準器

設置説明

1. 採寸。 モールディングのを設置予定の壁の採寸から始めましょう。クラウンモールディングを購入する基準になるものですので、正確に採寸してください。念のため、少し多めに購入しておくといいかもしれないですね。そして、間柱センサーを使って、間柱の位置を確認します。間柱がある所に釘を打つ事になりますので、間柱がある位置には、目印を付けます。水準器を使って、壁や天井が水平である事を確認しましょう。もし水平でない場合は、コーキングやその他の結合剤を使用し、水平にしてください。この作業は、。クラウンモールディングを設置した後からでもできます。

2. モールディングの採寸と切りだし。 モールディングとその他の材料を購入後、一つ目のモールディングのサイズを測ります。そのあと、モールディングの端がしっかりと壁に設置できるように切ります。もう一つのモールディングをひっくり返して平らな面が上になるように置きます。すでに釘が打たれているモールディングの上に置きます。ぴったりとくっつくように確認しましょう。留め継ぎ用のこぎりを使い、モールディングを45度の角度に切ります。鉛筆を使って留め継ぎされた端に印を付けます。必要であれば、印を付けた後に、糸のこを使って余分な木を切り落とします。モールディングの反対側は壁にぴったりと付くように真っ直ぐに切っておきます。留め継ぎされた部分は、すでに設置されているモールディングにぴったりと付かなければいけません。このモールディングを釘でうちつけます。ほかのモールディングも、同様の手順で設置します。

3. コーキングもしくは木製パテの使用。 モールディングの設置後、未完成の角が出てきます。もし色を塗るのであれば、コーキングか木製のパテをる買います。自然な感じを保ちたいのであれば、木製のパテを使います。ここでの選択は、あなたのお好み次第です。

4. こまごまとした修正。. 壁や天井にゆがみを見つけた場合、しっくいや壁紙での修理が必要になります。酷いゆがみは、水によっておこりますので、水への配慮も必要になって来ます。ゆがみが本当にひどい場合は、プロにお願いして直してもらう必要もあるかもしれません。

この全ての工程において使われる材料は、。子供にとっては安全ではないものばかりです。作業している間は、子供が近付かないようにしましょう。そして、梯子を頻繁に使いますので、寸法を書き留めたり、その他のサポートをしてくれるよう、手伝いをしてくれる人がいた方がいいです。室内の装飾は、統一感がなけれいけないと言う事を頭に入れておいてください。モールディングは装飾ですので、統一感は最重要となります。室内のバランスを取る為には、ドアや窓にもモールディングを設置しましょう。幅木はモールディングを引き立たせます。クラウンモールディングの幅によって、天井の高さも引き立ちます。モールディングを設置する前に、穴をあけておくようにしましょう。コードレスのドリルを使って穴を開ければ、木材を損傷することなく穴をあけられます。モールディングを購入する際には、余分に購入し、材料が十分である事を確認してから作業する事が大切です。失敗を防ぐために、実際にモールディングを切り出す前であれば、何度でも採寸できる事を覚えておいて下さい。

Today's Top Articles:

Scroll to Top