ゼネラルモーターズがコンセプトカー、シェヴィー EN-V2.0への展望を公表

シェヴィー EN-V 2.0 コンセプトカー  を一目見ただけで、効率的でハイテクで自然に優しい移動手段を可能にし、将来の道路が興味深い物になるであろうことはおわかり頂けると思います。 ゼネラルモーターズが シェヴィー EN-V 2.0への展望を最初に公表したのは、2010年に上海で行われたワールドエキスポ2010での事でした。それから、GMはEN-V(電気自動車)の分野において革命を起こしています。

Chevrolet EN-V 2.0 Mobility Concept Vehicle

エンジニアとデザイナーは、様々なオプションを模索し、現在に至るまでに、最新のものを含め三つのシリーズを作り上げました。この車に搭載する技術としては、インターネット、テレマティック、そして電気で動くようにする事です。

EN-V 2.0 コンセプトカーは、以前のバージョンと同様にリチウムイオン電池によって動きます。電池は、従来型のコンセントから充電する事ができ、一度の充電で25マイル走行可能です。独立した様式が搭載されているが、他の車とのコミュニケーションや交通基盤の情報を取得することができます。これは、交通量管理や駐車場の空き状況をより信頼度の高い情報として提供する事が可能になります。

この高度な車は、消費者にも優しく設計されています。社内には空調も設置されており、収納スペースも確保されています。外がどんな天気であっても、また走る道は舗装されていなくても、快適なドライブを楽しむ事ができます。

抜粋: GMニュース

Today's Top Articles:

Scroll to Top