Home Uncategorized 環境に優しい住まいの構造 ‐ 住宅の設計図で注意すること

環境に優しい住まいの構造 ‐ 住宅の設計図で注意すること

by admin

住宅の設計をする建築師を雇う度に、その建築師は新築住宅の全ての情報を提供する為に、綿密で、詳細な住宅プランを作ります。これらの設計図は非常に詳細で、専門用語や情報を解読する方法についての一般的な知識がなければ、読むことは難しいです。あなたの家をエコな住宅にする為に正しい決断ができるように、建築師と話し合いを持ち、新築住宅の設計図について詳しく理解することが重要です。

1. 太陽エネルギーの実現

何よりもまず、注意することは、家電や家庭内の機器すべてに必要な電気を供給する太陽エネルギーの設備です。その設備は設置場所や、接続される電線、ケーブルに関して、設計図に示される必要があります。モダンな家は自給自足できますし、冷暖房に再生利用可能なエネルギー源を最大限に利用するはずです。そのようなエネルギー効率のよい住宅は、環境に優しいことを証明するだけでなく、月々の電気料金の出費をかなり抑えることにつながります。

2. エコな窓の設備

もし予算を増やせるのであれば、設計図に断熱ガラス窓の設置を記載することを確認しましょう。断熱ガラスの窓を設置すれば、エネルギーのコストを低くできますので、素晴らしい投資です。この二重窓の間の断熱ガスが屋内の気温を一定に保つので、屋内の気温は夏も冬も涼しく、心地よい状態を保てます。

3. 住宅の反射型断熱設備を確かめます。

太陽の熱は二重窓によってうまく遮られます。但し、もし住宅地がほぼ一年中太陽の熱を受ける温暖な場所であれば、屋根や壁に反射型断熱材を加えることが賢明でしょう。熱が吸収されないように、外壁と屋根は反射型アルミニウムシートで数層に重ねられ、反射型断熱材は屋内の熱い空気の流れを遮り、その空気を冷たく保つので、 この設備の設計図を調べましょう。

4. 水リサイクルユニット – 逆浸透法 (RO)システムと雨水貯留

エコ住宅のもうひとつの重要な点は、不必要な水の浪費です。 設計図に、貯水タンクや園芸用に使用可能な家庭雑排水用の水リサイクルユニットの設備を作ることが含まれているかを確認しましょう。リサイクル不可のプラスチックボトルのミネラルウォーターを買うことにならないように逆浸透プラントの設備を作ることもできます。このシステムを設置する為の配管系統の必要条件が新し住宅の設計図に適切に記載されていることを確認することが重要です。更に、エコ住宅の重要ポイントは住宅屋根の上に付ける雨水貯留システムを取り入れることです。同様に、適切な設備が作られていることを確認しましょう。

5. 構造はシンプル、コンパクト、軽量であることを確認しましょう。

新築住宅の設計図においては、突起部、角、柱間の数が最小限に抑えられ、比較的消耗が少なく低コストの建築材料であり、また、人件費を抑えられることを明らかに示す設計プランが必要です。ドアと窓の数とサイズを調べましょう。横断換気の設備や十分な太陽光の為の設備を作ることが重要です。住宅には両方の設備が必要です。その設備によって、省エネで、環境にやさしい住宅になるのです。小さい住宅はエネルギーの消費を抑え、手頃な価格で維持できますので、小型の住宅の方がよいでしょう。

6. 建築に環境に優しい材料を使う方法

設計図に目を通しながら、キャストアースや、練り土、とうもろこしの稲穂、日干しレンガ、わら俵等の環境に優しい建築資材が、真のエコ住宅になるように使われることを確認しましょう。このような建築資材はまた、冷却特性を持つ家を自然に冷やすことに役立ちます。

 

Today's Top Articles:

You may also like